まとめサイト様の相互RSSはこちらから

メンタリストDaiGoの“心理戦”はイカサマ? ロンブー淳が暴露「遠くのマネージャーが信号を送ってる」「関わりたくない人」

メンタリストDaiGoの“心理戦”はイカサマ? ロンブー淳が暴露「遠くのマネージャーが信号を送ってる」「関わりたくない人」

田村 (たむら あつし、1973年〈昭和48年〉12月4日 – )は、日本のお笑いタレント(吉本興業所属、ロンドンブーツ1号2号)、司会者、作家、ラジオパーソナリティ、YouTuber、会社経営者(株式会社LONDONBOOTS代表取締役、株式会社がちキャラ取締役会長、株式会社itakotoCEO
51キロバイト (7,556 語) – 2021年8月1日 (日) 13:47

(出典 contents.oricon.co.jp)
あーあ、バラしちゃった。

1 muffin ★ :2021/08/21(土) 15:05:42.91

https://ytranking.net/blog/archives/57574

8月20日、「ロンブーチャンネル」(登録者数64万人)の生配信で田村淳が「メンタリストDaiGo」(同244万人)の炎上に触れ、DaiGoの名物企画の疑惑のエピソードを明かしました。

淳は配信中、DaiGoが生活保護受給者やホームレスへの差別発言で炎上した件に触れると、

(DaiGoの炎上について)「擁護というか、守ってあげたいと思う部分が一つもない」
「生活保護は日本国民に与えられてる権利なので、生活保護を受けなきゃ生きていけない人が、堂々と、なんにも後ろめたい気持ちもなく、その制度は利用すべきだと思う。僕は、命は全てにおいて、メンタリストDaigoさんの命も含めて、同じように尊いと思ってるので(中略)ホームレスの友達が何人かいるので、すごく悔しかったですね。」

と持論を述べます。淳は以前DaiGoと共演した際のエピソードとして

「手品っぽい感じで、今何色を考えてるかみたいなのとか、何色を選ぶかとかっていうのを、メンタリストとしてなんか選んでるふうだけど、僕は、遠くにマネージャーがいて、その遠くのマネージャーが何かこう信号を送ってるっていう、その仕草を僕は見たことがあるんで「なんだ、そういうことなのか」とは思ってたんですけどね」

と、暴露しました。これは、DaiGoがテレビ番組でよくおこなっている、カラーボールの色当てをする“心理戦”のパフォーマンスを指していると思われます。心理戦では、DaiGoの巧みな話術で挑戦者が打ち負かされる姿がおなじみですが、淳の話が本当であれば、単なるイカサマだったということになります。このエピソードを踏まえてなのか、淳は

「(DaiGoは)あんまり関わりたくない人ではありますね」
とつぶやいています。

★1:2021/08/21(土) 13:48:39.94
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1629521319/

続きを読む

続きを見る