まとめサイト様の相互RSSはこちらから

ランボルギーニ史上最速!最高速度350km/hのハイパーハイブリッドカー「SIAN」

ランボルギーニ史上最速!最高速度350km/hのハイパーハイブリッドカー「SIAN」

【ランボルギーニ】史上最速!最高速度350km/hのハイパーハイブリッドカー「SIAN」
ランボルギーニ史上最速!最高速度350km/hのハイパーハイブリッドカー「SIAN」
ボローニャの方言では、Sian(発音は”シーアン”)は、「稲光」という意味だ。つまり、ランボルギーニ社の正式かつ最初の”電動化自動車”には相応しい呼称といえるだろう(2014年の『アステリオン』はコンセプトカーだった)。

同じくらい血の気の多いアヴェンタドールと共通部分が多いものの、シアンにはさらなるパワーが追加されている。たとえば、自然吸気の7リッターV12エンジンは785CV(577kW)にパワーアップされたうえ、さらにギアボックスに内蔵された48Vの電気モーターによる34CVが加味され、システム出力は819CVを誇る。

■ハイパーなハイブリッドカーは内装も独創的

スタイルも血の気が多い様相だ。ランボルギーニ・マルツァル(1967年ジュネーヴ・ショーでベルトーネが発表したショーカー)にインスパイアされたヘキサゴン(六角形)のモチーフが、ツイン・エグゾーストパイプからドアミラーやテールライト、メーター、そしてリアウィングに装着された整流板にまで、随所に散りばめられている。さらにランボルギーニ社によると、究極の陸海コンビネーションが可能という。つまり、250万ポンドで、2基のV12エンジンを搭載した4000CVのテクノマール製スピードボートに、シアンと同じペイントワークが注文できることだ。

シアンは、ランボルギーニ史上最速の車となり、0-100km/h加速は2.8秒にすぎない。そして、シアン専用に開発された、高度に進化した回生ブレーキシステムが採用されている。ブレーキが踏まれるたびに(最高速度350km/h)、回生された電気エナルギーはスーパーキャパシタに充電される。一般的なバッテリーではなく、スー..

【日時】2021年06月02日 07:30
【ソース】Octane

続きを読む

続きを見る