まとめサイト様の相互RSSはこちらから

ルーマニアが韓国に使用期限残りわずかのワクチンを寄付…韓国国内で批判の声が高まる – 国際ニュース掲示板|ローカルクチコミ爆サイ.com関東版

ルーマニアが韓国に使用期限残りわずかのワクチンを寄付…韓国国内で批判の声が高まる – 国際ニュース掲示板|ローカルクチコミ爆サイ.com関東版

ルーマニアが韓国に使用期限残りわずかのワクチンを寄付…韓国国内で批判の声が高まる – 国際ニュース掲示板|ローカルクチコミ爆サイ.com関東版

いやなら貰うなよ!?

NO.9771539 2021/08/22 08:54

ルーマニアが韓国に使用期限残りわずかのワクチンを寄付…韓国国内で批判の声が高まる
ルーマニアが韓国に使用期限残りわずかのワクチンを寄付…韓国国内で批判の声が高まる
ルーマニアが韓国に新型コロナウイルス感染症のモデルナワクチン45万回分を寄付することになったものの、使用期限が残りわずかのワクチンであることが分かり、韓国では批判の声が上がっている。

ルーマニア国営通信社アゼルプレスは19日(現地時間)「ルーマニア政府は使用期限が残りわずかのモデルナワクチン45万回分を人道的次元で韓国に供与することを決めた」と報じた。

ルーマニアは今月初め、エジプト、チュニジア、アルバニア、ベトナムなどにアストラゼネカワクチン130万回分を寄付し、先月にはモルドバやグルジアなどにアストラゼネカとファイザーワクチン10万回分を提供している。

韓国政府では、ルーマニア政府からモデルナワクチンの供与を受ける問題について協議しているという。

保健福祉部中央事故収拾本部の関係者は21日「政府は米国のヤンセンワクチン供与、イスラエルとのワクチン交換など、主要国家とワクチン協力を推進してきた」とし「ルーマニアも協力議論対象国の一国として協議している」と明らかにした。

政府はこれに先立ち、米韓首脳会談後に米国からヤンセンワクチン141万3000回分の供与を受け、イスラエルとはワクチン交換(スワップ)協約を締結して78万2000回分のファイザーワクチンを受け取り、今年9~11月に返還する予定になっている。

ルーマニアからのモデルナワクチン寄付は、韓国がモデルナワクチンの需給に困難を極めている状況下で台頭した。

モデルナ側は今月初め「韓国には8月の契約分のうち、半分以下だけを提供する」ということを知らせている。

【日時】2021年08月21日 20:33
【ソース】WoW!Korea
【関連掲示板】

続きを読む

続きを見る