まとめサイト様の相互RSSはこちらから

ワクチン否定論を広めた米男性、COVID-19で亡くなる

ワクチン否定論を広めた米男性、COVID-19で亡くなる

ワクチン否定論を広めた米男性、COVID-19で亡くなる

ワクチンを打ってても感染するときはするからね。

NO.9695356 2021/07/26 18:11

ワクチン否定論を広めた米男性、COVID-19で亡くなる
ワクチン否定論を広めた米男性、COVID-19で亡くなる
■新型コロナウイルスを軽視するジョークをソーシャルメディアなどに投稿していたアメリカ人の男性が、1カ月の闘病生活の末、COVID-19で亡くなった。

米カリフォルニア州在住のスティーヴン・ハーモンさん(34)は、ツイッターに7000人のフォロワーがいた。ワクチン反対論者として、ワクチン接種に関するさまざまなジョークをソーシャルメディアで投稿していた。

しかし、COVID-19による肺炎を発症した後、ロサンゼルス郊外の病院に入院。21日に亡くなった。

キリスト教系のヒルソング教会に所属していたハーモンさんは入院後、自身の写真と共に闘病生活についてツイートしていた。

「みんな祈って。ほんとに自分に挿管して人工呼吸器につなぎたいそうだ」

21日に投稿された最後のツイートでは、人工呼吸器を受け入れることを決めたと書いていた。

「次にいつ起きれるか分からないけど、祈ってください」

ハーモンさんはCOVID-19で苦しんでいる間も、自分は今後もワクチンは受けない、自分の信仰心が守ってくれると話していた。

ハーモンさんが生前投稿していたジョークの中には、アメリカの感染症対策トップのアンソニー・ファウチ博士よりも聖書を信じるという内容のものもあった。

ヒルソング教会を創設したブライアン・ヒューストン牧師は22日、ハーモンさんの死を確認したとツイートした。

その後、インスタグラムでも追悼文を発表した。

「ハーモンさんはとても優しい人で、前途が明るいはずだった」

「いつも子どもたちのサッカーの試合を見に来ていた。たくさんの人たちに惜しまれるだろう。安らかに」

ヒューストン..

【日時】2021年07月26日
【ソース】BBC
【関連掲示板】

続きを読む

続きを見る