まとめサイト様の相互RSSはこちらから

三重 看護師四人の顔を爪で引っ掻いた女逮捕、退院止められ…

三重 看護師四人の顔を爪で引っ掻いた女逮捕、退院止められ…

鉤爪(かぎづめ)は、根元から先にかけて割と強く湾曲した爪のこと。正確には哺乳類の爪の構造の一つであるが、それと同じような構造の脊椎動物の爪をいうことが多い。英語で「claw」と呼ばれる類の爪である。爬虫類や鳥類などの爪はどれも鉤爪であり、これが本来の爪の形であったと考えられる。蹄や扁爪は哺乳類において特に進化したものである。
4キロバイト (722 語) – 2021年10月4日 (月) 12:14
引っ搔きで大けがは相当

1 フロントネックロック(SB-Android) [PH] :2021/11/23(火) 08:22:23.66

病院で看護師4人の顔を爪で引っかきケガさせたか 無断で退院しようとした21歳女逮捕 1人は全治3カ月
https://news.yahoo.co.jp/articles/10b267e545d56977c3c59b0070ce0c4bdea6827f
 三重県伊勢市の市立病院で今年9月、入院患者だった21歳の無職の女が、無断で退院しようとして、止めに入った看護師4人を爪でひっかくなどしてケガをさせたとして逮捕されました。

 逮捕されたのは志摩市の21歳の無職の女で、今年9月、当時入院していた伊勢市の伊勢総合病院の病棟で、20代から50代の看護師の男女4人の顔を爪でひっかくなどしてケガをさせた疑いが持たれています。

 警察によりますと、女が無断で退院しようとしたため、看護師らが止めに入ったところ、暴れたということです。

 顔をひっかかれた30代の男性看護師は全治3か月の大けがをしたほか、20代の女性看護師も全治1か月のケガと診断されました。

 女は事件の前日から入院していたということで、暴れた後にそのまま帰宅していて、調べに対し「覚えていません」と容疑を否認しています。

続きを読む

続きを見る