まとめサイト様の相互RSSはこちらから

今泉佑唯、出産後初舞台「生きてるのが辛いと思う日あった」

今泉佑唯、出産後初舞台「生きてるのが辛いと思う日あった」

今泉佑唯「生きるのつらかった」1年ぶり女優復帰

(出典:テレビ朝日系(ANN))

修羅雪姫も復讐する女の役で、ついつい目付きが似てしまう」とこぼした。梶は本作撮影後、東映に戻り、東映の1974年の正月映画でさそり4作目の『女囚さそり 701号怨み節』に撮影に入った。 1973年12月1日公開 鹿島 演 – 梶芽衣子 明治7年生まれで成長後は20歳ぐらい。“修羅雪
20キロバイト (2,768 語) – 2021年11月20日 (土) 22:44
生き急いでる印象

1 爆笑ゴリラ ★ :2021/11/19(金) 15:50:46.23

11/19(金) 15:22配信
スポーツ報知

「修羅雪姫」公開ゲネプロに臨む今泉佑唯

 元欅坂46で女優の今泉佑唯が19日、女優復帰作となる主演舞台「修羅雪姫」(19〜21日、東京・CBGKシブゲキ!!)の舞台あいさつに出席した。

 1972年に「週刊プレイボーイ」に連載が開始された小池一夫氏、上村一夫氏による同名漫画が原作。その後、映画化もされた名作。明治時代後期の日本を描き、母に代わって復讐(ふくしゅう)の旅に出る女性・雪を演じる。

 公開ゲネプロ後、今泉は「(公演中)1時間45分、足がすごく震えていた。できばえは30点かな。緊張してしまったので」と辛口採点した。劇中では、本格的な殺陣に挑んでおり「殺陣の稽古は、体力を戻すために精いっぱい取り組んで、3キロくらい痩せたました」と明かした。

 今泉は昨年10月に活動休止。今年1月に元YouTuberでラッパーの渡辺摩萌峡(まほと)さんとの結婚を発表し、今年6月に第1子を出産した。「この1年間、生きていることがつらいなと思うこと日がすごくあった。生きてることを否定される気分になることも多かった」と振り返りながらも、「でもこの作品を通して生きていることに価値ない人なんていない、生きてることに意味があるとすごく勇気をもらえた」と笑顔をみせた。

 この日夜に同舞台が開幕を迎え、約1年ぶりの女優復帰を果たす今泉は「みなさまの協力のおかげで1年ぶりに復帰できた。甘んじず当たり前と思わずに精いっぱい頑張っていきたい」と決意を新たにしていた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/5f9d27c4479b2963999b34c6729eb411a086eef1

続きを読む

続きを見る