まとめサイト様の相互RSSはこちらから

入浴施設での子どもの混浴年齢引き下げ、厚労省が指針を通知

入浴施設での子どもの混浴年齢引き下げ、厚労省が指針を通知

公衆浴場における風紀の問題について(各都道府県知事あて厚生省環境衛生局長通知) ^ a b c 公衆浴場における衛生管理要領等の改正について 厚生労働省「公衆浴場における衛生管理要領 通達文書(平成12年12月15日 生衛発第1811号)」、厚生労働省「公衆浴場における衛生管理要領 通達文書(平成15年2月14日 健発第0214004号)」
26キロバイト (3,439 語) – 2022年1月1日 (土) 00:21
色々と考えなきゃいけないから本当に面倒な世の中

1 現場猫(栃木県) [US] :2022/01/03(月) 20:49:16.01

悩んだ経験は? 入浴施設での子どもの混浴年齢 70年ぶりの“改正”も

公衆浴場などでの「混浴が可能な年齢」を栃木県が引き下げた。
厚生労働省の指針の変更をきっかけに広がった全国的な動きで、今年の元日から変更の自治体も相次ぐ。

お子さん連れで温泉や銭湯に出掛け、お父さんが娘さんと「男湯」に入る、またはその逆のケースもあるのではないだろうか。
そんなとき、何歳ぐらいまでならお子さんを「混浴」させられるだろうか。

実は銭湯など公衆浴場での「混浴」年齢は、各都道府県や中核市の条例に定められている。これまで「11歳まで」と国内でも高めの設定だった栃木県と宇都宮市は、
この元日から制限年齢を「6歳まで」に引き下げた。県内にある銭湯や温泉、スポーツ施設に併設された浴場など、「公衆浴場」と指定されているおよそ480の施設が対象となる。なぜなのか。

https://news.yahoo.co.jp/articles/7848d5a1d3bfa7485f85e9f72a0dc4b6e31e0b4e

続きを読む

続きを見る