まとめサイト様の相互RSSはこちらから

六本木「五輪」不良外人はどこでコカインを入手したか?

六本木「五輪」不良外人はどこでコカインを入手したか?

六本木「五輪」不良外人はどこでコカインを入手したか?
六本木「五輪」不良外人はどこでコカインを入手したか?
4たびの「緊急事態宣言」で、国内のまじめな飲食店が呻吟するなか、深夜の六本木で「コカイン不良外人」が捕まりました。

 まあそれくらいのことならありそうなものですが、捕まった4人、米国人2人と英国人2人が、揃いも揃って「オリンピック・スタッフ」だったというのですから、話が穏やかでありません。

 報道に沿って、まず事件を確認してみましょう。

■午後8時から飲食、六本木は不夜城か?
 7月3日、土曜日の早朝というより金曜の深夜と言った方がいいでしょう。報道は3日未明としか伝えませんが、ともかくそういう時間帯、東京都港区六本木のマンションに、酒に酔った状態の外人が侵入した。

 駆けつけた警官の職務質問を受け、そこにいた不良外人4人とも採尿検査ということになったようです。警官がいきなり「家宅不法侵入で逮捕」などとならず、まず職務質問するあたり、ガイジンに弱いというより、英語に弱い日本警察の及び腰を見るようにも思いました。

 何にせよ、ろれつが回らなかったのか、目がイッちゃっていたのか、詳細は分かりませんが、「こいつら変だぞ。尿検査だ」ということになったのでしょうか、

 調べてみると米英4人仲良く揃って「コカイン陽性」と出て御用となった。

 まあ、平時であれば「六本木のありがちな不良外人」という話ですが、この4人、オリンピック会場で使用する「特設電源」の設置を引き受けた外資系企業の社員だったのです。

 金曜の夕刻、1週間の仕事も終わって・・・ということなのか、夜の六本木に繰り出した。まあそういうことも平時ではあるでしょうが、ここから先..

【日時】2021年07月16日 06:00
【ソース】JBpress
【関連掲示板】

続きを読む

続きを見る