まとめサイト様の相互RSSはこちらから

北九州市 口論相手の高級車2台に放火、シンナー所持の男再逮捕

北九州市 口論相手の高級車2台に放火、シンナー所持の男再逮捕

1986年(昭和61年) – 八幡警察署から八幡西区東部の管轄を割譲し、八幡西警察署開設。八幡警察署は八幡東警察署に改称 1997年(平成9年)3月31日 – 折尾警察署、折尾駅近くの旧庁舎から現庁舎に移転 1998年(平成10年)6月1日 – 八幡西区役所折尾出張所と八幡西消防署折尾分署、旧庁舎から現在地に移転
44キロバイト (4,673 語) – 2021年9月14日 (火) 21:21
どうしようもないな

1 シャチ ★ :2021/11/10(水) 21:42:14.00

北九州市八幡西区で駐車場に止めてあった高級車など車2台に火をつけたとして、46歳の男が逮捕されました。
取り調べに対し、男は「シンナーをかけて火をつけた」と話しているということです。

放火の疑いで逮捕されたのは、住所不定・無職の白石雄一容疑者です。

白石容疑者は今年6月、八幡西区茶売町の団地に止めてあった高級車など乗用車2台に、火をつけた疑いがもたれています。

警察によりますと、白石容疑者は以前この団地に住んでいて、今年7月にシンナーを吸ったとして逮捕されています。

その後、暴行容疑で逮捕された際の取り調べで、白石容疑者が「車に火をつけた」と自供。

最初の逮捕の際に自宅からシンナーが押収されたことや、車が燃えた現場でシンナーが検出されたことなどから逮捕にいたりました。

取り調べに対し、白石容疑者は「ペットボトルに入れたシンナーを車にかけて、ライターで火をつけた」と話しているということです。

ソース RKB
https://news.yahoo.co.jp/articles/f88afae290cafa7d15243561614f818eebb255c9

続きを読む

続きを見る