まとめサイト様の相互RSSはこちらから

北海道の”秋の味覚”に異変 「イクラ」が高騰、去年の2倍に

北海道の”秋の味覚”に異変 「イクラ」が高騰、去年の2倍に

季節を先取りするはしり、または、初物と呼ばれるもの。 収穫量がピークに当たる時期。 素材が最も美味しい時期。 1. 希少性から高値になる。日本では「初物を食べると75日寿命が伸びる」などといわれ珍重される。例としては初鰹や早春の筍などが上げられる。これらはその食材の本来の盛りの時期の味には到底及ばないが、初物
12キロバイト (1,042 語) – 2021年5月18日 (火) 13:53
獲れないものはどうすることもできない

1 ブギー ★ :2021/09/19(日) 15:26:10.15

食欲の秋。北海道の代表的な秋の味覚といえばイクラです。しかし、その価格が高騰しています。

 一方でサケの定置網には本来取れない魚がかかっています。いま、海に何が起こっているのでしょうか。

 温かいご飯にのせたイクラ。口の中ではじける感触が恋しい季節になりました。

 安野 陽介 ディレクター:「新鮮な生筋子。こちらでは、ちょっと高めの100g1200円です」

 札幌市西区の「鮮魚鯔背」では、漬ける前の生筋子の価格に異変が。

 鮮魚鯔背 小野 真さん:「2019~2020年は100gあたり600円で販売。倍の値段になっている」

 何と2020年の倍の値段です。そのワケは?

 鮮魚鯔背 小野 真さん:「史上2番目くらいのサケの不漁予想が出ていた。この後も値段は下がらないと思う」

 北海道東部の釧路町昆布森漁港です。秋サケ漁がそろそろ最盛期を迎えるはずなんですが…。

 秋サケ漁 漁船員 川原田 良己さん:「全然サケが取れなくて、3日ぶりの出漁。それで170匹の水揚げは始まって以来の少なさ」

 通常この時期のサケの水揚げは1日2000匹ほどですが、この日はわずか170匹。壊滅的な少なさです。

続きはソース元にて
https://news.yahoo.co.jp/articles/53dcab1e513ad7d04e0294e286f5f91c3c00ebeb

続きを読む

続きを見る