まとめサイト様の相互RSSはこちらから

半年前に小惑星が衝突することがわかったところで、それを防ぐ手立てはない(NASAのシミュレーション)

半年前に小惑星が衝突することがわかったところで、それを防ぐ手立てはない(NASAのシミュレーション)

カラパイアの元の記事はこちらからご覧ください

半年前にわかっていても、小惑星が衝突することは避けられない(NASAのシミュレーション)

photo by iStock

4月19日、地球から5600万キロの距離に小惑星が発見された。「2021PDC」と命名されたそれは、6か月後の10月20日に5%の確率で地球に衝突する可能性があることが明らかとなった。

5月2日、その後の詳しい分析によって、小惑星ヨーロッパか北アフリカにほぼ確実に衝突することが判明した。

しかし無念なことに、現代の技術ではたとえ半年の猶予があったとしても、衝突を食い止めることはできないと結論づけられた。

 これはNASAとESAが1週間にわたって検討した架空のシナリオの話であり、現実には、2021PDCという小惑星は存在しないので安心して欲しい。

 だがこのシミュレーション(演習)では、半年前にわかったところで、小惑星の衝突を回避することができないという厳しい現実を示唆している。

【危険な小惑星の3分の2が未発見】

 なぜこのような架空のシナリオによるシミュレーション(演習)が行われたのか?

 それは、地球に甚大な被害をもたらしうる140メートルを超える小惑星の3分の2が、まだ未発見だと推定されているからだ。

「こうした演習によって惑星防衛の専門家や政府の連携を深めておけば、将来的に衝突する可能性のある脅威が見つかったとき、全員が一丸となって取り組むことができます」と、NASAの惑星防衛担当者リンドレー・ジョンソン氏は述べている

0_e2_e

credit:Peter Carril/ESA

半年前にわかったところで打つ手はなし

 演習では、衝突を防ぐために、ありとあらゆる手段が検討された。しかし6か月という短期間ではいずれも実行不能なものばかりだったという。

 核爆弾なら衝突による被害を抑えることができるかもしれない。それでも架空の小惑星「2021PDC」の大きさは34メートルから1600メートルの範囲でしか特定できないため、多少なりとも効果があるかどうか確実なことは言えない。

 演習3日目は6月30日の状況が想定された。2021PDCは東ヨーロッパへ向かっていることが明らかになり、状況はかなり厳しかった。

 演習4日目は、衝突の1週間前を想定。その時点で、ドイツチェコオーストリアの国境付近に99%の確率で衝突することが明らかになっている。

 衝撃によるエネルギーは大型核爆弾に匹敵。残された手段は、その地域の人々を避難させることだけだ。

1_e3_e

2021PDCの予測される影響領域 (2日目)credit:JPL / NASA

監視をすり抜ける地球近傍天体

 もちろん、かつて隕石の衝突によって絶滅した恐竜とは違い、我々にはテクノロジーがある。せめて不意打ちだけは避けたいところだ。だが、ここ数年でもいくつもの危険な小惑星の接近が見過ごされてきた。

 たとえば2020年7月、幅4.8キロの「ネイワイズ彗星」が地球から1億キロの距離を通過した。それが発見されたのは、通過のたった4か月前のことだ。

 2019年130メートルの通称「シティ・キラー」が地球から7万2000キロの距離を通過。NASAからの警告はないも同然だった。

 2013年、前触れもなく、直径20メートルの隕石が時速6万4000キロで大気圏に突入し、ロシアチェリャビンスクの上空で爆発。その衝撃波によって近隣の建物や窓ガラスが破壊され、1400人が怪我をした。

 このように危険な小惑星が見過ごされているのは、それを発見するには地球にいくつもない高性能望遠鏡をぴったりのタイミングでぴったりの方向に向けねばならないからだ。

dinosaur-4500889_640_e

photo by Pixabay

人類の生き残りをかけた戦い

 宇宙機関もただ手をこまねいて眺めているわけではない。

 NASAは「地球近傍天体監視ミッション(NEOSM)」という地球近傍天体検出専用の宇宙望遠鏡の開発を計画。ESAも「テストベッド望遠鏡」と「フライアイ望遠鏡」の建設を進めている。

 また万が一のときの対策も検討されている。たとえば、演習でも提案されていたように強力な爆弾を使ったり、レーザー小惑星を蒸発させ、その軌道をそらすといった方法がある。

00_e

 ほかにも宇宙船を衝突させて、軌道から弾き出すといった作戦もある。荒っぽいやり方に思えるが、これはNASAがもっとも真剣に検討しているものだ。

 実際にその効果を確かめるべく、22年には小惑星ディモルフォス」へ向けて探査機の打ち上げが予定されている。その成否には、人類の生存がかかっていると言っても過言ではない。

References:NASA to Participate in Tabletop Exercise Simulating Asteroid Impact / Space Mission Options for the 2021 PDCHypothetical Asteroid Impact Scenario/ written by hiroching / edited by parumo

 
画像・動画、SNSが見られない場合はこちら

自然・廃墟・宇宙の記事をもっと見る

ハワイ州が米国で初めて「気候緊急事態」を宣言 – カラパイア

【続報】暗闇に包まれた洞窟の中で40日暮らした15人が無事帰還 – カラパイア

第二次世界大戦当時、カリフォルニアの海に大量投棄された数万の樽。中身は有毒物質DDTである可能性 – カラパイア

地球に一番近いけど一番小さいブラックホールが発見される。 – カラパイア

半年前に小惑星が衝突することがわかったところで、それを防ぐ手立てはない(NASAのシミュレーション)

(出典 news.nicovideo.jp)

~せかちん☆コメント~

地球に衝突する小惑星があることを見つける事すら相当困難なのに、見つけても対処不能だなんて、、、
実際に起きたら絶望ですね。

衝突する最後の瞬間、どこで誰と何してよう?

<このニュースへのネットの反応>

監視しても無駄から計画見直しって成らないのかねぇ?

スペースシャトルに乗ったブルースウィリスが助けてくれるんじゃないの?

月の表面はチタンで出来ていて、月の中は空洞になっているらしいから、月の中に入る方法を考えて、月に地下帝国を創りたいな。月に引力が無ければ、地球に生命すら存在出来なかった。なので、月を第二の故郷にしたいな。ルナ民族という新しい民族を作りたいな。

BGMは盆回りで

ところで、つい先日中国が宇宙に打ち上げたやつが制御不能になって落ちてくるそうですが、撃ち落とさないと都市部に落ちてくる可能性が高いようですが? 現実問題としてどう対処を?

シミュレーションの設定を見ないとわからんが、どういうオプションが定義されてたんだ?地球から5600万kmの距離ってほぼ火星軌道上なわけで、そこから人工的な軌道修正を行わず地球への直行突入ルートを通過するのって天文学的確率とかそういう問題を超えてるぞ。物理学的にあり得ん設定してないかこれ。

石油会社の社長が核爆弾で割るんじゃねえの?

モビルスーツ総出で押せばなんとかなる

必要条件と十分条件の区別ができていないniseremonaが莫迦すぎて、もはや掛ける言葉もない。

18日で何とかしろのアルマゲドンより1年以上あったディープインパクトのほうが現実的設定だったな 18日とかシャトルすら飛ばせねぇだろ

5%で衝突するって書いてあるだろうに。実際5%もあれば地球に来るのに現実的な数字。早くに見つけて軌道の真横から爆弾とかぶつけて逸らすしかないだろうけどそれだけの爆弾を宇宙に飛ばすのも難しいのだろうな。

まだ、隕石によって絶滅したという恐竜達と同じ身分

SFに出てくる対隕石用の地球を覆うリング状の兵器満載の施設とか謎バリアとか無いと無理ってことか。 いや、あってようやく勝負の土俵に立てるかどうかって感じか? 相対速度の問題もあるし。

「終末の過ごし方」が頭に浮かんだ

そういえば「天宮1号」も制御不能で墜ちたんだったな…地球近傍小天体も当たればヤバいけど人工物も監視対象だよなぁ

そりゃまあ現実の科学力ならどうしようもねーんじゃねえの。地球上で頻繁に起こる天災だってどうしようもないってのに。

小惑星の飛来元は叩けないが、どこに落ちるかわからない衛星の発射元なら叩くことができる

中国人全員が一斉にジャンプして着地する衝撃より強いのかな

破壊は基本無理だし、軌道変えるのが現実的だろうな。どの程度のエネルギーが必要になるのかさっぱりだけど

https://bit.ly/2PY07QO‘ target=’_blank’>https://bit.ly/2PY07QO“>https://bit.ly/2PY07QO……シミュの詳細だけど、アルベドが不確定で大きさを計れなかったりレーダー観測が使えなかったり、無人攻撃衛星は時間的に間に合わせるのは不可能で、核攻撃でも大きさが不確かな小惑星を破壊できるかは不確実(オマケにEMP効果で地球経済が無事死亡)。

続きを見る