まとめサイト様の相互RSSはこちらから

大学共通テスト 英語民間試験と記述式は実現困難…断念へ

大学共通テスト 英語民間試験と記述式は実現困難…断念へ

大学学共通テスト(だいがくにゅうがくきょうつうテスト)は、大学入試センター試験に代わり、2021年度大学入学者選抜(2021年1月16日・17日実施)から導入された、日本における大学共通入学試験である。独立行政法人大学入試センター(DNC)によって実施される。 会話文を題材とした問題や複数テキスト問題などが導入される
34キロバイト (4,577 語) – 2021年6月8日 (火) 11:44
実生活とは別物

1 少考さん ★ :2021/06/22(火) 12:15:57.19

※NHKニュースの

大学共通テスト 英語民間試験と記述式導入断念へ 文科省
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210622/k10013097081000.html

2021年6月22日 11時59分

大学共通テスト 英語民間試験と記述式導入断念へ 文科省
2021年6月22日 11時59分

シェアする
大学入試の在り方を議論している文部科学省の有識者会議は、2025年の大学入学共通テストにおける、英語民間試験の活用と記述式問題の導入について「実現は困難」とする提言案を示しました。文部科学省はこの夏にも導入の断念を正式に決定する方針です。

ことしから始まった大学入学共通テストでは当初、入試改革の柱として英語の民間試験の活用と国語と数学の記述式問題が導入される予定でしたが、地域格差や経済格差の懸念など制度の不備への指摘が相次ぎ、おととし、いずれも導入が見送られました。

その後、文部科学省は新たな学習指導要領で学ぶ今の中学3年生が受験する2025年以降の大学入試の在り方について有識者会議を設け、2つの柱について改めて共通テストへの導入の可否を検討してきました。

その結果、英語民間試験は地理的、経済的事情への対応が不十分で、コロナ禍で中止も相次いだ外部の試験に依存することへの課題が指摘されたほか、記述式問題も50万人以上が受験する中で公正な採点体制の確保などの課題を克服できないとして、22日の会議で「実現は困難と言わざるをえない」とする提言案が示されました。

提言案では、各大学の個別試験で導入していくべきだとして、推進策の充実も盛り込まれています。

文部科学省は今回の提言案がまとまり次第、この夏にも正式に導入の断念を決定する方針で、これにより2025年の大学入学共通テストではいずれも導入されない見通しになりました。

※関連リンク
大学入試のあり方に関する検討会議(第27回)の開催について:文部科学省:
https://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/koutou/103/kaisai/1421438_00045.htm

配布資料
https://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/koutou/103/siryo/1417595_00032.htm

続きを読む

続きを見る