まとめサイト様の相互RSSはこちらから

大相撲初場所7日目、関脇・御嶽海が無傷の7連勝で単独トップ

大相撲初場所7日目、関脇・御嶽海が無傷の7連勝で単独トップ

岳の火砕流による犠牲者数を上回る事態となった。 木曽御嶽山御嶽、王嶽、王御嶽とも称する。また嶽の字体を新字体で表記し御岳山や、単に御岳と表記されることもある。標高3,000mを超える山としては、日本国内で最も西に位置する。日本には同名の山(御嶽山・御岳山)が多数あり、その最高峰である。山頂には一等三角点(3
179キロバイト (22,670 語) – 2022年1月13日 (木) 20:52
昇進が見えてくるか

1 爆笑ゴリラ ★ :2022/01/15(土) 18:19:31.93

1/15(土) 17:55
デイリースポーツ

照ノ富士 遠藤に寄られるも連敗はなし 御嶽海7連勝で単独トップ
 遠藤(右)を寄り切りで下した照ノ富士(撮影・西岡正)
 「大相撲初場所・7日目」(15日、両国国技館)

 前日に初黒星を喫していた横綱照ノ富士(伊勢ケ浜)は遠藤(追手風)を退けて連敗は免れた。

 照ノ富士は相手に先に寄られたが、体勢を立て直して勝負を決めた。

 関脇御嶽海(出羽海)は、玉鷲(片男波)が押して出てくるのを受け止め、相手が呼び込んだのに乗じて押し出し、優勝争いの単独トップに立った。

 平幕の阿炎(錣山)は阿武咲(阿武松)に突き落とされて今場所初黒星を喫した。

 苦しんでいる大関正代(時津風)はベテランの隠岐の海(八角)にガッチリとまわしをとられ、寄り切られた。これで、3勝4敗と黒星が先行した。隠岐の海は2勝目。

https://news.yahoo.co.jp/articles/a7e17bd93c6b60609ddd45ec875e9a1606a43704

続きを読む

続きを見る