まとめサイト様の相互RSSはこちらから

大谷翔平 久保純子アナのインタビューが「残念な時間」と化した背景 – スポーツニュース掲示板|ローカルクチコミ爆サイ.com関東版

大谷翔平 久保純子アナのインタビューが「残念な時間」と化した背景 – スポーツニュース掲示板|ローカルクチコミ爆サイ.com関東版

すごいね、オオタニサン‼︎

NO.9673197

大谷翔平 久保純子アナのインタビューが「残念な時間」と化した背景
大谷翔平 久保純子アナのインタビューが「残念な時間」と化した背景
やり直しのきかない限られた時間、尋ねる側にも相当な緊張があったに違いない。しかし、画面から伝わったやりとりの印象の大半は「残念」だったのではないか。コラムニストの山下柚実氏が指摘した。
* * *
7月13日、アメリカMLBオールスターゲームの前夜祭・ホームランダービーを生中継したのはNHK。日本選手で初出場となったエンゼルス・大谷翔平選手は、対戦相手ソト選手と同数のホームランを放ちなかなか決着がつかず。再々延長までもつれて会場は大盛り上がり。なるほど、アメリカの野球はこうやって楽しんでいるのか。お祭り演出のユニークさ、ドラマチックな仕掛けに驚かされました。
しかしそれとは対照的に、祭の炎に水をかけそうなお寒いインタビュー。思わずのけぞった視聴者も多かったのではないでしょうか。
いったいなぜ、久保純子元NHKアナウンサーが現場に投入されたのか、その理由はよくわかりませんがホームランダービー直後、大谷選手にマイクを向けた久保アナ。

「こんなに疲れたのはいつぶりですか?」「他の選手から大きなハグがありました。みなさん声をかけてくれましたよね?」
久保アナはマイクを大谷選手に差し向ける。いったい何を聞きたいのか、曖昧すぎて質問になってない。しかし紳士の大谷選手は一貫して「楽しめました」と返しました。
「今の気持ち、悔しい感じなんでしょうか?」
「いや、楽しかったです。雰囲気自体もすごい良かったですし、いい経験になったと思います」
それでも久保アナは自分の感想を表現したいのか「悔しい」と言って欲しいのか、最後まで「悔しかったですね」という言..

【日時】2021年07月17日 12:30
【ソース】NEWSポストセブン
【関連掲示板】

続きを読む

続きを見る