まとめサイト様の相互RSSはこちらから

大阪教育大学附属池田小学校 殺傷事件から20年経つ

大阪教育大学附属池田小学校 殺傷事件から20年経つ

附属池田小事件(ふぞくいけだしょうじけん)は、2001年(平成13年)6月8日に大阪府池田市の大阪教育大学附属池田小学校で発生した無差別殺傷事件(殺人・殺人未遂・建造物侵入・銃刀法違反事件)。宅間 守(たくま まもる)が校内に侵入し、同校の児童計8人を凶器で殺害、15人を負傷させた。 宅間 守(たくま
57キロバイト (9,150 語) – 2021年6月8日 (火) 05:29

(出典 static.tokyo-np.co.jp)
時を経るにつれ、衝撃も薄れてしまうのは歯痒い

1 ベクトル空間 ★ :2021/06/08(火) 13:22:22.30

https://news.yahoo.co.jp/articles/99cdce22b081091e8829bf19620619a8ff7b433e

(全文はリンク先を見てください)

5月下旬、大阪教育大学附属池田小学校で、不審者対応訓練が行われました。
怒声が聞こえ、声の方向に教師が走っていきます。
突然不審者と遭遇。
【訓練の様子】
「奥に行ったぞー!奥に行ったぞー!」
カンテレ「報道ランナー」
教師が大声を上げます。
手に「サスマタ」を持った複数の教師が集まり、不審者を追い詰めました。
カンテレ「報道ランナー」
別の教師たちが次の行動に移ります。
【訓練の様子】
「救急車呼びます、呼びます!」
「AEDが余ってる場所どこですか!」
「本部に連絡ください!」
「しっかり!」
カンテレ「報道ランナー」
これは、刃物を持って侵入した不審者に、対応する訓練。
一瞬での判断が求められる状況に、教師たちの緊張感がありました。
附属池田小学校では年に5回、不審者対応訓練を行っています。
訓練後の反省会では…
【参加した教師】
「(不審者を)行かせてはいけないと思って、本当はやってはいけないけれども道具がない状態で、動きだけで
も止めて落ち着かせようと思ったが、切りつけられてしまった」
【附属池田小学校・眞田巧校長】
「もし何か起きた時に我々がけがをすると子供を守れない。けがせずに子供から犯人を遠ざけて自分の命を守る
か想像してもらえれば」
激しい訓練を続ける教師たち。
小学校に受け継がれる強い意志の背景には、20年前の反省と教訓がありました。
「意識は低かったと言わざるを得ない」当時6年生の担任だった校長の反省
カンテレ「報道ランナー」
2001年6月8日。
開いていた小学校の通用門から、刃物を持った1人の男が校内へ侵入 。
休み時間だった1年生と2年生の教室で児童を次々に切りつけました。
カンテレ「報道ランナー」
児童8人の命が奪われ、15人の児童と教師が負傷。
当時の映像には、男が乗り捨てた車と、開いたままの通用門が映っています。
「もし門が閉まっていたら乗り越えてまで入ろうと思わなかった」
裁判で、男はこう話しています。

続きを読む

続きを見る