まとめサイト様の相互RSSはこちらから

大阪 焼き肉店で高校生21人が食中毒症状で内7人「ノロ」検出

大阪 焼き肉店で高校生21人が食中毒症状で内7人「ノロ」検出

高校生21人が下痢や嘔吐…うち7人「ノロウイルス」検出 焼き肉店を営業停止処分に
 大阪府池田市の焼き肉店で食事をした高校生7人からノロウイルスが検出されました。大阪府は食中毒と断定して、店を3日間の営業停止処分としました。  食…
(出典:MBSニュース)
ノロウイルス(英語: Norovirus)は、もっとも一般的な胃腸炎の原因である。感染者の症状は、非血性下痢、嘔吐、胃痛が特徴である。発熱や頭痛も発生する可能性がある。症状は、通常ウイルス曝露後12〜48時間で発症し、回復は通常1〜3日以内である。合併症はまれだが、特に若人、年配者、他の健康上の問題
50キロバイト (7,055 語) – 2021年10月28日 (木) 09:01
これからが病が流行る季節

1 マカダミア ★ :2021/11/08(月) 12:11:56.30

大阪府は7日、池田市の焼き肉店「じゅじゅ 庵あん 石橋店」で高校生21人が下痢や 嘔吐おうと などの症状を訴え、このうち7人からノロウイルスを検出したと発表した。重症者はおらず、全員快方に向かっているという。

 池田保健所は、患者の発症状況が似ていることなどから、同店の食事が原因の集団食中毒と断定し、同店に7日から3日間の営業停止を命じた。

 発表によると、症状が出たのは、2日に同店で食事をした府内の高校生3組44人のうち、16~18歳の男女21人。ノロウイルスは7人のほか、調理従事者1人からも検出された。

https://www.yomiuri.co.jp/national/20211107-OYT1T50264/

続きを読む

続きを見る