まとめサイト様の相互RSSはこちらから

富山 氷見警察署の副署長がストーカー行為などで書類送検

富山 氷見警察署の副署長がストーカー行為などで書類送検

警視(けいし、英称:Superintendent)は、警察法第62条に規定される日本の警察官の階級の一つ。上から5番目。警視正の下、警部の上。 警視の階級は警察法第62条において、警視総監、警視監、警視長、警視正に次ぐ第5位の階級として規定されている。 都道府県警察に所属する警察官の場合、警視
4キロバイト (576 語) – 2021年7月27日 (火) 21:53
役職に就くという事はそれなりの実績があったろうに…

1 oops ★ :2021/08/20(金) 19:03:39.37 ID:DNe5y1JK9.net

好意を持つ女性に付きまとったなどとして、富山県警は20日、50代の男性警視をストーカー規制法違反の疑いで書類送検し、減給100分の10(3カ月)の懲戒処分にした。警視は同日付で依願退職した。

送検容疑は5月下旬~7月上旬、好意を抱いていた女性に商業施設内でインターネット交流サイト(SNS)のアカウントの交換を求めたり、話し掛けたりするなど、複数回にわたって付きまとい行為をした疑い。

県警監察官室によると、女性から県警に相談があり、発覚した。捜査の過程で、別の女性との不適切交際も判明。2016年~21年5月には個人的な興味で知人男女ら9人の個人情報を照会していたという。

島田久幸首席監察官は「誠に遺憾。職員に対する指導を徹底し、信頼回復に努める」とコメントした。

2021年08月20日18時30分
https://www.jiji.com/sp/article?k=2021082001007

続きを読む

続きを見る