まとめサイト様の相互RSSはこちらから

富山・高岡工芸高校の剣道部員をボコボコにした“謎の保護者”は誰なのか?部活指導の現実 – 事件・事故掲示板|ローカルクチコミ爆サイ.com関東版

富山・高岡工芸高校の剣道部員をボコボコにした“謎の保護者”は誰なのか?部活指導の現実 – 事件・事故掲示板|ローカルクチコミ爆サイ.com関東版

富山・高岡工芸高校の剣道部員をボコボコにした“謎の保護者”は誰なのか?部活指導の現実 – 事件・事故掲示板|ローカルクチコミ爆サイ.com関東版

NO.9662029 2021/07/15 00:36

富山・高岡工芸高校の剣道部員をボコボコにした“謎の保護者”は誰なのか?部活指導の現実
富山・高岡工芸高校の剣道部員をボコボコにした“謎の保護者”は誰なのか?部活指導の現実
今月7日に富山県立高岡工芸高校(高岡市)で剣道部の男子部員2人が同校の保護者に暴力を受けたとされる問題。地元局のチューリップテレビが12日、『武道場に入ってきた男性が生徒に暴行「だらけている」』とスクープしたことを皮切りに、インターネット上ではこの保護者と学校の管理体制に対する批判が殺到した。13日には同県教育委員会と高岡工芸高校が会見を開き、事案の経緯を説明する事態となった。

■柔道部を見学後、剣道部員に暴行
 各社報道や県教委などの発表によると、柔道部の見学のため学校を訪れた40代半ばの男性に対し、部活が終わって帰宅準備をしていた剣道部員の男子生徒2人が挨拶をしたところ、その態度が武道をする者としてふさわしくないなどと激高。同部員15人に対して約20分間にわたって叱責を繰り返した。その後、男性は男子部員2人に防具をつけさせ、面や胴を複数回にわたって足で踏みつけた。それを見ていた同部顧問の教員が静止したという。

 一連の事態で、女子部員1人が恐怖のため過呼吸になった。一方で、男性は「暴力ではなく、武道の指導だった」などと語っているという。また、被害を受けた生徒は被害届の提出を検討しているという。

■当該保護者は柔道部員の保護者でもなかった
 県教委県立学校課の担当者は「剣道部員に暴力を振るった男性が高岡工芸高の生徒の保護者ではあることは事実です。しかし、そもそも見学に行った柔道部員の保護者ではありません。もちろん剣道部員の保護者でもありません。保護者として学校所定の見学手続きに従って校内に入り、柔道部を見学していました」と説明す..

【日時】2021年07月14日 17:45
【ソース】Business Journal
【関連掲示板】

続きを読む

続きを見る