まとめサイト様の相互RSSはこちらから

小室圭さんの“コネ就職”を斡旋した”大物後見人”の正体とは

小室圭さんの“コネ就職”を斡旋した”大物後見人”の正体とは

小室圭さんの“コネ就職”を斡旋した”大物後見人”の正体とは

実力主義のアメリカでどこまでそのコネが通用するかですね。

>0\n”‘>NO.10100297 2022/01/04 08:20

小室圭さんの“コネ就職”を斡旋した”大物後見人”の正体とは 渡米後も外務省の“レールの上”という事実
小室圭さんの“コネ就職”を斡旋した”大物後見人”の正体とは 渡米後も外務省の“レールの上”という事実
 2021年の“顔”といえば、この二人は外せまい。新天地ニューヨークでの暮らしが2カ月目に入った小室眞子さんと圭さん。夫妻に“密着”する外紙の報道を見る限り、存分に自由を謳歌されているようである。そんな気ままな生活の裏に、さる「大物後見人」の存在があることは、まだほとんど知られていない。

 ***

〈日本の元プリンセス・マコ 肩書を捨ててNYに引っ越し 夫と外出〉

 21年12月13日、そんな見出しで二人の近況を伝えたのは米芸能週刊誌「ピープル」のネット版である。12日に撮られたと思われる写真は、NYの自宅近所を散策する様子を捉えたもの。そこからは、逃げるように日本を飛び出した二人が、喧噪とは無縁の暮らしを送っていることが伝わってくる。

 また、11月22日に配信された英「デイリーメール」の記事では、眞子さんが一人で大手雑貨店を訪れ、ハンガーやタオルなどを購入する姿が動画付きで報じられた。

 それは「BED BATH&BEYOND(ベッド・バス・アンド・ビヨンド)」という店で、

「日本から移住してきて、モノを揃えるなら、まず知っておかなくちゃならない店です。バラバラの店でいろいろなモノを揃えるとすごくお金がかかりますから」

 現地在住ジャーナリストの津山恵子氏はそう話す。

「おそらくNYの日本総領事館が助けに入っているのでしょう。この時間は地下鉄に乗ってはダメとか、この通りは危ないとか、生活の知恵を教えてあげているはずです」

■就職先を紹介
 そうした“細やかなサポート”だけではなく、

「二人が暮らしているNYのヘルズキッチンという場所にある住居を探してきたの..

【日時】2022年01月04日 05:56
【ソース】デイリー新潮
【関連掲示板】

続きを読む

続きを見る