まとめサイト様の相互RSSはこちらから

小泉環境相、除染土を「国会議事堂の敷地で使う考えもある」

小泉環境相、除染土を「国会議事堂の敷地で使う考えもある」

除染(じょせん)とは、放射能汚染が生じた際、放射性物質あるいは放射性物質が付着した物を除去し、もしくは遮蔽物で覆うなどして、人間の生活空間の線量を下げることである。広義には、有毒な化学物質などの除去も含み、特に軍事関連では生物兵器等に利用される微生物への対応も含まれる。ここでは特に断らない限り、放射性物質の除染について説明する。
17キロバイト (2,435 語) – 2021年3月20日 (土) 04:17

(出典 www.nippon.com)
無茶苦茶怒られたろうに…

1 記憶たどり。 ★ :2021/05/26(水) 10:43:44.13

https://news.livedoor.com/article/detail/20255731/

福島第一原発事故の除染作業で出た土をどうするかについて、小泉環境大臣は
「国会議事堂の敷地で使う考えもある」と話しました。

小泉環境大臣:「私個人としての考え方としては、国会、議事堂の中の敷地だってあるわけですよ。
そういうところも含めてあらゆる可能性を模索して具体的な案件を作っていって」

小泉大臣は福島県の除染作業で出た土をまず国が活用して、全国に広げていくべきだと話しました。

これまでに除染で出た土を使って福島県飯舘村(いいたてむら)で野菜や花が栽培されていますが、
福島県以外では活用されていません。

除染で出た土は2045年までに国が福島県外に運び出し、最終処分すると法律に記されています。

続きを読む

続きを見る