まとめサイト様の相互RSSはこちらから

尼崎JR脱線事故の「遺留品」新施設で保管へ、遺族らへ説明

尼崎JR脱線事故の「遺留品」新施設で保管へ、遺族らへ説明

なお、JR西日本では、「福知山線脱線事故」ではなく「福知山線列車事故」と呼称している。マスコミなどでは、「JR宝塚線脱線事故」や「尼崎JR脱線事故」などとも呼称される。 2005年(平成17年)4月25日(月)午前9時18分ごろ、兵庫県尼崎市久々知にある福知山線塚口駅 – 尼崎駅間の右カーブ区間(曲率半径304
116キロバイト (17,959 語) – 2021年11月7日 (日) 04:00
時間に経過で風化してしまうのをどうにかしたいか

1 BFU ★ :2021/11/06(土) 21:53:49.93 ID:5uECpBcS9.net

https://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/202111/sp/0014823021.shtml

乗客106人が死亡した2005年の尼崎JR脱線事故を巡り、JR西日本は6日、兵庫県伊丹市内などで説明会を開き、社員の安全教育に使う事故車両(全7両)の保存方法などを遺族らに伝えた。大阪府吹田市の社員研修センター内に新設する保存施設の概要が示されたが、説明会後の参加者からは「もっと事故の悲惨さが伝わる内容に」「風化防止のため、いずれは事故現場に移して」と不満の声が噴出。賛否のある一般公開について、JR西は会見で「検討課題」と繰り返した。
続きはソースにて

続きを読む

続きを見る