まとめサイト様の相互RSSはこちらから

山形県小国町の20代女性職員が飲酒運転で検挙、朝帰り中に

山形県小国町の20代女性職員が飲酒運転で検挙、朝帰り中に

江戸時代は米沢藩領。米沢藩の小国御役屋が置かれていた。 1889年(明治22年)4月1日 – 町村制施行、西置賜郡小国本村(おぐにもとむら),南小国村,北小国村,津川村誕生。 小国本村 ← 小国町村,小国小坂町村,岩井沢村,黒沢村,大滝村,種沢村,杉沢村,小倉村,新原村,朝篠村,
11キロバイト (1,424 語) – 2021年10月14日 (木) 16:12
飲酒運転撲滅を掲げてるのなら軽率だね

1 水星虫 ★ :2021/10/27(水) 17:53:42.16

小国町職員 先月下旬に酒気帯び運転の疑いで検挙

http://www3.nhk.or.jp/lnews/yamagata/20211027/6020011819.html
※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を

小国町の20代の職員が、先月下旬、酒気帯び運転の疑いで警察に検挙されていたことがわかりました。

町や捜査関係者によりますと、検挙されたのは小国町役場に勤める20代の女性職員です。
町によりますと、この職員は、先月25日の朝、山形市中心部で乗用車を運転中に
呼気から基準を超えるアルコールが検出されたとして酒気帯び運転の疑いで検挙され
26日付けで免許停止の行政処分を受けたということです。

職員は先月24日の夕方から山形市内で友人と酒を飲み、翌日の朝、小国町に戻るため
マイカーを運転し山形市中心部の交差点で信号待ちで停車していたところ、
警察官に呼び止められ酒気帯び運転が発覚したということです。

町が27日、職員に対する聞き取り調査を行ったところ職員は事実関係を認め、
酒を飲んでから車を運転するまでに7時間ほどたっていたので大丈夫だと思ったという
趣旨の説明をしているということです。

小国町の仁科洋一町長は「信頼と信用を大きく失墜させる行為だ。
心からおわび申し上げます」とコメントを発表し、町は今後職員への処分を検討することにしています。

10/27 17:44

続きを読む

続きを見る