まとめサイト様の相互RSSはこちらから

後藤祐樹氏 服役して気付いたゴマキの凄み

後藤祐樹氏 服役して気付いたゴマキの凄み

後藤祐樹氏 服役して気付いたゴマキの凄み「姉ちゃんは僕の誇り」
後藤祐樹氏 服役して気付いたゴマキの凄み「姉ちゃんは僕の誇り」
あなたの話をお聞かせください――。作家で僧侶の家田荘子氏が気になる人物に迫る「駆け込み寺」対談編。話すことで自身を見つめ直し、人生の学びを見いだす。今回のゲストは、元「モーニング娘。」後藤真希の弟・後藤祐樹氏(34)。2000年にソニン(38)とユニット「EE JUMP」でデビューするも、未成年でのキャバクラ通いなど素行不良で02年に芸能界を引退。07年には強盗傷害で逮捕され服役。懺悔(ざんげ)と姉への思いを語った。 

家田 真希さんの看板が邪魔だったことは。

祐樹(デビューしたころは)プレッシャーにもなるじゃないですか。姉は国民的スーパーアイドルでCDを出せばすぐ1位になって。ぼくら1位取ったことないですし。

家田 芸能界の話はしてましたか。

祐樹 仕事の話は全然しないんですよ。テレビで見る姉というのは、あくまでも芸能人の後藤真希っていう感じで、まるっきり違いますね。

家田 真希さんはすごく努力された方だと。

祐樹 テレビひとつをとっても家に帰ってきたら絶対自分の番組を見返してトークで何がいけなかったのかとか。そういうことも一つひとつ、すごく熱心に研究してる人だった。同じ芸能界にいたからこそ分かるんですが短期間でレコーディングしてダンスして。しかもぼくらの曲数なんかよりはるかに多い中で、1つのコンサートのダンスの振りを全部覚えるのに1日とかでやっちゃう時とかあるんですよ。すごいなって思ってました。

【日時】2021年06月10日 17:15
【ソース】東スポWeb

続きを読む

続きを見る