まとめサイト様の相互RSSはこちらから

感染対策で主菜の無いパンと牛乳などの簡易給食に苛まれる声

感染対策で主菜の無いパンと牛乳などの簡易給食に苛まれる声

栄養失調(えいようしっちょう)または栄養不良(えいようふりょう)、栄養不足(えいようぶそく)(英: Malnutrition)とは、偏食や食料の不足、すなわち1つ以上の重要な栄養の不足した食事、もしくは疾病により引き起こされる、動物が健康を維持できない状態を指す一般的な用語である。動物は従属栄養
41キロバイト (5,276 語) – 2021年7月10日 (土) 14:32
偏食の子は嬉しいかも

1 水星虫 ★ :2021/09/08(水) 03:20:35.51

戸田市 学校教育と感染対策両立へ 簡易給食など試行錯誤続く

http://www3.nhk.or.jp/lnews/saitama/20210907/1100012387.html
※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を

埼玉県戸田市では、学校教育と新型コロナウイルスの感染予防を両立させるため、
公立の小中学校の給食をパンと牛乳にして、食事の時間を短縮するなど試行錯誤が続いています。

戸田市の公立の小中学校では、夏休み明けの対応として、午前中教室で授業を受けて給食を食べた後、
午後は自宅でオンライン授業を行っていますが、保護者から、
マスクを外す給食の感染対策を求める声が寄せられていました。

このため、市は短時間で食べ終えることができ、配膳の時間も減らせる簡易給食にすることを決め、
今月3日から試験的に切り替えたということです。
献立は、初日がパンと牛乳のみで、それ以降は、ジャムとプリンなどが追加されましたが、
市には、栄養面に問題はないのかなどといった問い合わせや意見が複数寄せられたということです。

市は、感染状況が先月よりも徐々に改善しているとして、来週からは、
おかずを増やすなどして対応し、さらに1週間程度様子を見ていくことにしています。
戸田市は「感染が急拡大する中で給食にも新たな対応が必要だと考えていて、
試行錯誤を繰り返している。感染対策と栄養のバランスをとりながら献立を検討したい」
と話しています。

09/07 16:47

続きを読む

続きを見る