まとめサイト様の相互RSSはこちらから

旅行中の小1がホテル7階の窓から転落し背骨骨折・肺挫傷

旅行中の小1がホテル7階の窓から転落し背骨骨折・肺挫傷

挫傷(はいざしょう Lung Contusion)は、胸部の傷害により引き起こされる肺の外傷である。 肺挫傷は、鈍的外力が直接作用することによって引き起こされるが、外傷に関連する爆傷および衝撃波が原因で引き起こされる場合がある。世界大戦における爆薬の使用で、爆破から肺挫傷
895バイト (107 語) – 2017年10月21日 (土) 15:09
九死に一生を得たね

1 アナエロリネア(東京都) [CA] :2021/08/09(月) 12:47:56.02

ホテルから転落 小1が重傷 7階客室から18メートル下に

群馬・嬬恋村のホテルで8日夜、小学1年生の男の子が7階の客室の窓から地上に転落し、
背骨を骨折するなどの重傷を負った。

8日午後9時前、嬬恋村のホテルで「6歳の男の子が転落した」と、従業員から119番通報があった。

警察などによると、男の子は宿泊していた7階の客室の窓から、
およそ18メートル下の茂みに転落し、背骨の骨折や肺挫傷などの重傷だが、会話はできるという。

男の子は母親と友人家族のあわせて5人で客室にいて、当時、窓の近くのベッドで遊んでいたという。

警察は、男の子が転落したくわしい状況を調べている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/feb62a5db0f001ee5e7ff86ffd7e70ecda8141d9

続きを読む

続きを見る