まとめサイト様の相互RSSはこちらから

日大2億円流出事件、背景に“元タカラジェンヌ愛人”の存在 逮捕された理事の実姉 – 政治・経済ニュース掲示板|ローカルクチコミ爆サイ.com南関東版

日大2億円流出事件、背景に“元タカラジェンヌ愛人”の存在 逮捕された理事の実姉 – 政治・経済ニュース掲示板|ローカルクチコミ爆サイ.com南関東版

日大2億円流出事件、背景に“元タカラジェンヌ愛人”の存在 逮捕された理事の実姉 – 政治・経済ニュース掲示板|ローカルクチコミ爆サイ.com南関東版

徹底的に調べてほしい!

NO.9936706 2021/10/22 12:06

日大2億円流出事件、背景に“元タカラジェンヌ愛人”の存在 逮捕された理事の実姉
日大2億円流出事件、背景に“元タカラジェンヌ愛人”の存在 逮捕された理事の実姉
国内最大のマンモス校・日本大学に斬り込んだ東京地検特捜部の捜査が山場を迎えている。疑惑の最後のピースを埋める同大トップの関与の立証に向け、水面下で攻防は激化。一方で、先に逮捕された面々にも新たな疑惑が浮上し、事件の全貌があらわになりつつある。

渦中の“ドン”田中英壽理事長(74)は、この約1カ月間、特捜部からの本格聴取をかわし続けているという。

「9月8日の日大本部や理事長宅へのガサ入れ翌日から、田中氏への事情聴取が行われましたが、同12日、田中氏側が“長時間の取り調べは受けられない”との医師の診断書を検察側に提出。すぐに都内の日大病院に入院し、特捜部は聴取継続が暗礁に乗り上げる“煮え湯”を飲まされた」(全国紙社会部デスク)

特捜部内では現在、「籠城するなら在宅起訴で挙げればいい」との強硬論も浮上するなど、熾烈な神経戦が繰り広げられているという。

今回の事件の構図は、日大板橋病院の建て替え工事に絡み、日大の関連会社「日本大学事業部」を舞台に2・2億円が不正に流出したというもの。すでに10月7日、資金流出に関与したとして、3年前の“日大アメフト危険タックル事件”で隠蔽工作に動いた日大理事の井ノ口忠男容疑者(64)と、大阪の医療法人「錦秀会」前理事長の籔本雅巳容疑者(61)が背任容疑で逮捕。

一方の田中理事長はこれまでの聴取に対し、「知らない」などと否認を続け、徹底抗戦の構え。しかし流出した資金の流れを追うと、疑惑は深まるばかりだ。

【日時】2021年10月22日 05:58
【ソース】デイリー新潮

続きを読む

続きを見る