まとめサイト様の相互RSSはこちらから

日本、難敵オーストラリアに勝利!“抜擢“田中碧が先制弾、浅野は相手のOG誘う| 日本対オーストラリア | 2022カタールW杯アジア最終予選

日本、難敵オーストラリアに勝利!“抜擢“田中碧が先制弾、浅野は相手のOG誘う| 日本対オーストラリア | 2022カタールW杯アジア最終予選

日本、難敵オーストラリアに勝利!“抜擢“田中碧が先制弾、浅野は相手のOG誘う| 日本対オーストラリア | 2022カタールW杯アジア最終予選
日本、難敵オーストラリアに勝利!“抜擢“田中碧が先制弾、浅野は相手のOG誘う| 日本対オーストラリア | 2022カタールW杯アジア最終予選
2022カタールワールドカップアジア最終予選の第4戦が12日、日本代表はホームでオーストラリア代表と対戦。W杯出場に向けて黄色信号が灯っていた日本は、田中碧のゴールなどで2-1の勝利を飾った。

最終予選が始まって3試合で1勝2敗。首位のサウジアラビア、2位のオーストラリアともに3連勝で勝点9を手にしている状況を考えれば、どうしてもこの試合では勝利が欲しかった。

そんな中、この重要な一戦に向けて森保一監督は、最終予選で初めてシステムを変更。守田英正と田中碧をインサイドハーフに組み込む、「4-3-3」のシステムで試合に臨んだ。

厳しい状況の中でのシステム変更はどちらにも転ぶ可能性があったが、今回の采配は見事な結果を生む。立ち上がりからマンツーマン気味のプレスで相手のビルドアップを封じれば、守田と田中が安定したボール捌きでポゼッション時間を増やし、少しずつ相手の陣地へと進入していく。

そして、迎えた8分だった。左サイドで守田のパスを受けた南野拓実が巧みにボールキープすると、逆サイドへクロス。ここでフリーになっていた田中が冷静なコントロールから右足を振り抜くと、ボールはゴール左へと決まり、日本が大きな先制点を奪うことに成功した。

【日時】2021年10月12日 21:06
【ソース】DAZN

続きを読む

続きを見る