まとめサイト様の相互RSSはこちらから

村田諒太vsゴロフキン12月29日にゴング!日本ボクシング史上最大のメガマッチ決定

村田諒太vsゴロフキン12月29日にゴング!日本ボクシング史上最大のメガマッチ決定

村田諒太vsゴロフキン12月29日にゴング!日本ボクシング史上最大のメガマッチ決定
村田諒太vsゴロフキン12月29日にゴング!日本ボクシング史上最大のメガマッチ決定
ボクシングの帝拳ジムは12日、東京・虎ノ門ヒルズで会見し、所属するWBAミドル級王者の村田諒太(35)=帝拳=が12月29日、さいたまスーパーアリーナでIBF同級王者ゲンナジー・ゴロフキン(39)=カザフスタン=と2団体統一戦を行うと正式に発表した。最も人気ある階級のひとつで王者同士が激突するメガマッチとなる。

試合はアマゾンプライムビデオが生中継し、同局が日本でスポーツ中継を行うのは初。戦績は村田16勝(13KO)2敗、ゴロフキン41勝(36KO)1敗1分けだ。

ゴロフキンは元3団体統一同級王者で、2018年9月に現4団体統一スーパーミドル級王者のアルバレス(メキシコ)に僅差の判定で敗れるまで19度もの防衛を重ね、世界戦18連続KOも記録した現代ボクシング界きってのスーパースター。19年10月にIBF王座を奪還し、さらに1度の防衛を加えている。

村田は2017年の戴冠時からゴロフキンとカネロことアルバレスの名前を口にして対戦を熱望。5月に予定していた防衛戦が直前に流れるなどコロナ禍の直撃を受けてきたが、2019年12月から2年ぶりの試合が、生涯最大のビッグマッチとなった。

関係者によると、ファイトマネーを含め今回の試合で動く金額は、1990年2月に東京ドームで行われ同じく帝拳ジムが手がけた統一世界ヘビー級戦マイク・タイソン(米国)―バスター・ダグラス(米国)をも上回る。最も人気ある階級のひとつで王者同士が激突する今回の試合は、日本ボクシング史上最大のメガマッチとなる。

【日時】2021年11月12日 11:00
【ソース】中日スポーツ
【関連掲示板】

続きを読む

続きを見る