まとめサイト様の相互RSSはこちらから

東京・武蔵村山市の保育園でヒスタミン食中毒、園児17人発症

東京・武蔵村山市の保育園でヒスタミン食中毒、園児17人発症

食中毒としてヒスタミン食中毒がある。なお、Morganella morganiiによると考えられる、血小板輸血後の敗血性ショック症状も報告されている。 ヒスタミンは前述の細菌により合成され、食品中(発酵食品、熟成チーズ、ワイン、魚醤、鮮度の落ちた魚)に蓄積される。食中毒(スコンブロイド食中毒
13キロバイト (1,638 語) – 2021年10月2日 (土) 04:54
なかなか難しい事例のようだ

1 愛の戦士 ★ :2021/10/05(火) 21:52:42.90

日テレニュース24 10/5(火) 19:58

東京都は、武蔵村山市の保育園でヒスタミンによる食中毒が発生し、園児17人が発症したと発表しました。全員、軽症だということです。

東京都によりますと、ヒスタミンによる食中毒が発生したのは武蔵村山市の保育園で、先月29日午前11時半ごろ、1歳から3歳の園児17人に発疹や顔面が赤くなるなどの症状が現れたということです。いずれも軽症です。

17人は園内で作られた給食を食べていて、保健所は、給食に含まれていたさんまの梅みそ焼きが原因としています。

都は、園に5日から4日間の給食の供給停止の処分を行いました。都内でヒスタミンによる食中毒が確認されるのは去年11月以来となります。

https://news.yahoo.co.jp/articles/820dfca201849df1378ef407a3b96284bafa5992

続きを読む

続きを見る