まとめサイト様の相互RSSはこちらから

東京五輪限定スカジャンが注目され発祥の地、横須賀にも影響

東京五輪限定スカジャンが注目され発祥の地、横須賀にも影響

ジャケットのことを「ベトジャン(ベトナムジャンパー)」と呼ぶ。 スカジャンには「サテン」と「別珍」という二つの生地が使われることが主流である。サテンには、レーヨン、アセテート、ポリエステル等がある。シルクが使われているものもある。 防寒性を高めたスカジャンによく使われるキルティングは、スカジャン
5キロバイト (509 語) – 2021年7月18日 (日) 15:52
米兵の方にはもう人気が無いのかな?

1 ちーん :2021/08/11(水) 00:41:40.94 ID:MqGlWelW0●.net BE:531377962-2BP(2000)


(出典 img.5ch.net)

https://the-ans.jp/tokyo-olympic/182344/

東京五輪は8日の閉会式で幕を閉じた。今大会、競泳女子200メートル背泳ぎで銅メダル、同4×100メートルメドレーリレーで金メダルを獲得したエミリー・シーボーム(オーストラリア)が帰国後、東京から持ち帰った9種類のお土産を自身のTikTokで公開。中には約4万円の逸品も含まれ、「間違いなく価値ある」と興奮気味に伝えている。

お土産も楽しんだようだ。シーボームは「お土産の戦利品」と文面に記して動画を公開。「お土産ショップで買ったもの。青いシャツは父に。マスコット入りは友達に。クールでしょ」などとまずは4種類のTシャツを紹介。さらに、大会公式マスコット「ミライトワ」のクッションも購入したようで「説明できないほど、とんでもなく柔らかいの」と説明した。

その後も犬などのペット用リード、マグカップ、馬術のピクトグラム入りTシャツを紹介。最後に「これは今までで一番のお気に入り」とスカジャンを公開。「このジャケット最高。500ドル(約4万円)したけど、個人的には間違いなくその価値あるよ」と興奮気味に伝えていた。

五輪公式オンラインショップでも販売された「横須賀スカジャン」。3万9600円と高額ながら、M、LL、3Lともに完売している人気商品は、五輪メダリストも喜ばせたようだ。

https://www.tiktok.com/@emilyseebohm/

シリアのユスラ・マルディーニとハンガリーのボグラールカ・カパーシュのスカジャン2ショット

続きを読む

続きを見る