まとめサイト様の相互RSSはこちらから

横浜地検が覚醒剤300kg密輸した外国籍男女を不起訴処分

横浜地検が覚醒剤300kg密輸した外国籍男女を不起訴処分

“覚醒剤約300キロ密輸” 男女を不起訴

(出典:日本テレビ系(NNN))

司法取引(しほうとりひき)とは、一般には刑事手続において検察官の訴訟裁量を背景に被告人と検察官の間で処分上の利益と引換えに捜査あるいは公判手続における協力を得ることをいう。ただし必ずしも司法取引の定義が明確になっているわけではない。なお、Plea bargain(答弁取引)に「司法取引
11キロバイト (1,766 語) – 2021年5月17日 (月) 11:29
娑婆の空気を味わっていられるか…

1 ジャンピングパワーボム(SB-Android) [US] :2021/11/13(土) 03:54:19.31

“覚醒剤約300キロ密輸” 男女を不起訴
https://news.yahoo.co.jp/articles/c6688e62a55e6d7c6b0e1db4eaea47d11de659b4

覚醒剤およそ300キロを密輸したとして逮捕された男女が不起訴処分となりました。

覚醒剤およそ300キロ、末端価格で178億円相当を、香港から横浜港に密輸したとして今年7月に逮捕された、カナダ国籍と中国籍の男女について、横浜地検は12日付で、不起訴処分としました。

横浜地検は不起訴の理由を明らかにしていません。

続きを読む

続きを見る