まとめサイト様の相互RSSはこちらから

母が持たせた遠隔操作キーで車ロック、駆けつけた消防が窓ガラスを割り1歳男児救出も熱中症の疑いで搬送

母が持たせた遠隔操作キーで車ロック、駆けつけた消防が窓ガラスを割り1歳男児救出も熱中症の疑いで搬送

1: マニゲー速報 2021/08/03(火) 06:02:47.04 ID:4ouGScEe9

 2日午後、中津市で1歳の男の子が車の中に一時的に閉じ込められ、熱中症の疑いで病院に搬送されました。 男の子が手に持っていた遠隔操作のキーが作動してドアに鍵がかかったとみられ、消防が注意を呼びかけています。

 2日午後1時半ごろ、中津市にあるコンビニエンスストアの駐車場で、1歳の男の子が乗用車の中に閉じ込められたという通報が消防に入りました。現場に駆けつけた隊員がおよそ20分後に窓ガラスを割って男の子を助け出し、熱中症の疑いで病院に搬送しました。消防によりますと、搬送時、男の子には意識があり、命に別状はないということです。

 買い物を終えた母親が、後部座席のチャイルドシートに男の子を座らせ、運転席に乗り込むまでのわずかな間に、ドアにロックがかかってしまったということです。

 母親は、遠隔操作でドアを開け閉めできるリモコン機能の付いたキーを男の子に持たせていましたが、これが誤操作や誤作動したとみられています。

 当時、中津市の気温は33度を超えていましたが、エンジンをかける前で、車内に冷房は入っていませんでした。

 中津市消防本部は「夏場、閉め切った車内では短時間に温度が上昇して命に関わるのでキーの取り扱いには気をつけたうえで、万が一、閉じ込めが起きたら、すぐに通報してほしい」と話しています。

http://www3.nhk.or.jp/lnews/oita/20210802/5070010402.html
※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を

引用元: https://ift.tt/3C832tp

続きを見る