まとめサイト様の相互RSSはこちらから

母親が買い物中に子供二人乗せた車から出火、1歳男児が重体

母親が買い物中に子供二人乗せた車から出火、1歳男児が重体

収斂火災(しゅうれんかさい)とは、凸レンズ状の透明な物体、あるいは凹面鏡状の反射物によって、太陽光が収束し可燃物が発火することによって起こる火災である。この火災の発生原因全体に占める割合は決して高くないが、年間で数件から十数件の事例が見られるため、火災の原因としては無視できない。
5キロバイト (677 語) – 2021年4月7日 (水) 16:49
これも非難があるのかな

1 どどん ★ :2021/08/01(日) 20:27:19.74

 1日午前11時50分ごろ、福岡県久留米市三潴町玉満のディスカウントストア駐車場に止まっていた乗用車から出火し、全焼した。

 県警久留米署によると、車を運転してきた近くのパート女性(33)と息子(1)の計2人が市内の病院に搬送され、息子は全身やけどで意識不明の重体、女性が左腕に軽いやけどを負った。一緒にいた男児の兄(4)は自力で車外に出て無事という。隣の車も焼けた。

 署によると、女性が息子2人をエンジンをかけた車内に残して買い物をしている間、何らかの原因で出火したとみられる。息子はチャイルドシートに乗せられており、戻ってきた女性が車から救助したという。

(玉置采也加)
西日本新聞社

https://news.yahoo.co.jp/articles/1e2faa1b9aa756e2d1b038d6b2343a955d6560f9

続きを読む

続きを見る