水戸市「全国的に納豆の消費量が増えたのに、何故か水戸の納豆だけ減少した。理由がわからない」 

水戸市「全国的に納豆の消費量が増えたのに、何故か水戸の納豆だけ減少した。理由がわからない」 

コロナ コロナ禍 首位奪還 納豆 水戸に関連した画像-01
総務省の家計調査の結果が5日に発表され、2020年の水戸市の1世帯(2人以上)当たりの納豆購入額は全国5位だった。市や納豆製造業者らは4年ぶりの首位奪還を目指していたが、前年の2位からさらに順位を三つ落とす結果となった。

市の担当者によると、コロナ禍で健康食品として注目を浴びたことなどもあり、全国的に納豆の購入金額は増加傾向にあるという。水戸市では前年比で600円近く減ったが、「理由ははっきりとはわからない」としている。(佐野楓)

https://www.asahi.com/articles/ASP2B6TLFP28UJHB00Q.html
※上記リンクより、一部抜粋。続きはソースで

続きを見る(外部サイト)