まとめサイト様の相互RSSはこちらから

清水寺から足利尊氏や織田信長、豊臣秀吉らの古文書を発見

清水寺から足利尊氏や織田信長、豊臣秀吉らの古文書を発見

編纂、編さん(へんさん)とは、図書館情報学において、著作の定義にもちいる用語の一つである。多くの文献をあつめ、それに基づいて、新しく記述した書物に関して用いる用語であり、著作者の年譜や著作目録の作成などに用いる。 既発表の著作を配列したもの(文庫本で短編小説集をつくるなど)は、編集とよんで、編纂と区別する。
891バイト (111 語) – 2020年10月24日 (土) 08:28
どのくらいで教科書に反映されるのかな

1 マスク着用のお願い ★ :2021/07/07(水) 20:56:03.51 ID:YdbQjALw9.net

https://nordot.app/785474072691064832
清水寺に尊氏、信長らの書状原本
応仁の乱後の天皇綸旨も

清水寺(京都市東山区)は7日、境内にある成就院の書庫から足利尊氏や織田信長、豊臣秀吉らの書状の原本など194点の古文書を発見したと発表した。このうち53点は新発見。尊氏らの文書は写しがあり、内容は知られていたが、原本は所在が分かっていなかった。歴代天皇の書状も見つかり、清水寺と歴代権力者との関係をひもとく貴重な手掛かりになるという。
(リンク先に続きあり)

2021/7/7 20:52 (JST)
c一般社団法人共同通信社

続きを読む

続きを見る