まとめサイト様の相互RSSはこちらから

無免許無車検飲酒運転少年(18)「ドライブしてくるわ」マッマ「捕まるから山の方行くのよ」→2人殺害

無免許無車検飲酒運転少年(18)「ドライブしてくるわ」マッマ「捕まるから山の方行くのよ」→2人殺害

1: マニゲー速報 2021/06/10(木) 08:50:41.63 ID:o/OXWP780
「捕まるから山の方に行きなさい」…飲酒運転の息子に母親が指示・高齢夫婦死亡させる事故

広島県庄原市の国道で2月、無免許で飲酒運転し、高齢夫婦を死亡させたとして、自動車運転死傷行為処罰法違反(無免許危険運転致死)などに問われた三次市の少年(18)の初公判が9日、地裁(日野浩一郎裁判長)であった。
少年は「誤りはありません」と起訴事実を認めた。検察側は、少年が当日、缶チューハイなど6本と水割り2杯を飲み、事故直前にも飲酒しながら運転していたことを指摘した。

起訴状などによると、少年は2月7日午後4時頃、庄原市の国道183号で、酒を飲んだ状態で車検切れの乗用車を運転し、対向してきた軽乗用車に衝突。乗っていた同市の岡田和歌子さん(80)と夫重紀さん(85)を死なせたとされる。

検察側の冒頭陳述によると、少年は7日、寝起きに350ミリ・リットル入り缶チューハイを飲んだ後、母親(52)と店でウイスキーなどを購入。約4時間にわたって水割りなどを飲んだという。

少年はその後、友人を乗せ、高速道路などを走行。頭がふらつき、足がもつれていることを認識しながら、友人が申し出た交代を断った上、途中で購入していた缶ビールを飲みながら運転を続けたという。

事故直後、少年の呼気からは基準値(呼気1リットルあたり0・15ミリ・グラム)の3倍超のアルコール分が検出。検察側は「運転操作が困難な状態だった」と主張した。

母親は道路交通法違反(無免許・酒気帯び運転)のほう助容疑などで書類送検されている。検察側は、母親が運転前の少年に「警察に捕まるから、走るなら(人目につかない)山の方に行きなさい」と指示していたことを説明した。

検察側は、岡田さんの養女の供述調書を読み上げ、「これは殺人事件だ。厳しい処罰を求める」と訴えたことを明らかにした。少年は終始、うつむいていた。

https://www.yomiuri.co.jp/national/20210609-OYT1T50281/

引用元: https://ift.tt/3v7tOxm

続きを見る