まとめサイト様の相互RSSはこちらから

”狭い林道” で車とすれ違えず口論に 激昂の末こん棒で殴る

”狭い林道” で車とすれ違えず口論に 激昂の末こん棒で殴る

棍棒 (こんからのリダイレクト)
棍棒(こんぼう、英: club)とは、人が握り振り動かすのに適度な太さと長さを備えた丸い棒のこと。殴打用の武器として扱われることが多く、武器としては最も基本的な物の一つである。原始時代から現代に至るまで使用されている。 武器としてみると単純なつくりで、適当な長さの棒を振り回すだけである。猿人や原人が
8キロバイト (1,266 語) – 2021年4月17日 (土) 21:01

(出典 images-na.ssl-images-amazon.com)
初期装備だから持ってた?

1 シャチ ★ :2021/06/12(土) 20:39:15.54

旭川中央署は11日、暴行の容疑で旭川市内に住む無職の男(41)を現行犯逮捕しました。

男は11日午後0時ごろ、比布町北6線の道路上で、70歳の男性の肩を長さ約1メートルの木の棒で殴打した疑いが持たれています。

警察によりますと、男は幅の狭い道路を車で通行中に、男性が運転する車と対向。すれ違うことができなかったことから、男性から下がるよう指示されました。男はバックしましたが、それでもすれ違うことができなかったことから、男は「なんで俺が下がらなきゃいけないんだ」と激高。車から降り、同じく車外に出てきた男性に対し、山菜採り用に車内にあった木の棒で肩を殴打したということです。

同乗していた男性の妻が110番通報し、駆けつけた警察官によって男は現行犯逮捕されました。調べに対し男は容疑を認め「気持ちが高ぶった」という趣旨の供述をしているということです。

ソース STV
https://news.yahoo.co.jp/articles/ed3a6de3b2e0a824f03456bafe5bb4fb4512816e

続きを読む

続きを見る