まとめサイト様の相互RSSはこちらから

環境省が除染土を水田に再利用する実験を開始

環境省が除染土を水田に再利用する実験を開始

Bqに上ると発表した。 2016年6月30日、環境省は原発事故後の福島県内の汚染土について、再利用するとの基本方針を正式決定、発表した。再利用する汚染土は放射性物質の濃度が1キログラムあたり8000ベクレル以下に下がったものとされ、道路整備などで利用されるという。
231キロバイト (35,525 語) – 2021年5月31日 (月) 13:22

(出典 www.fsight.jp)
議事堂で利用する件はどうなった?

1 ネトウヨ ★ :2021/06/07(月) 13:01:11.79

福島県飯館村、唯一の帰還困難区域、「長泥地区」では、放射性物質を取り除く除染で出た土を分別し、再利用する実証事業として、野菜や花の試験栽培が行われている。

環境省 土壌再生利用技術企画官 百瀬 嘉則さん:「しっかりと育っておりまして、その試験結果で放射線も、放射能濃度も大きく基準値を下回るという結果が得られております」

これまでの試験結果をうけて環境省では今年5月から新たに水田にも除染で出た土が再利用できるかの実証事業をスタート。実際に水を張って水はけの良さや盛り土が*れないかなど水田の土として適しているかどうかを検証している。

環境省 土壌再生利用技術企画官 百瀬 嘉則さん:「今後見学会をやって色んな方に見ていただけるようにしていきたいと考えております」

https://news.yahoo.co.jp/articles/6aaf0d3e5f2db505389bab0101fc6b6d475b3fc9

続きを読む

続きを見る