男女37人が同居するシェアハウス生活の実態がヤバすぎる。

男女37人が同居するシェアハウス生活の実態がヤバすぎる。

コロナ 一室 セーフティネットシェアハウス 経緯 借金に関連した画像-01
12021/03/27(土) 18:27:59.49ID:

現在、「セーフティネットシェアハウス」では10~30代の男女計37人が3部屋に分かれてシェア生活をしており、そのうち25人が借金を抱えているという。 

JR大塚駅から徒歩10分ほど。着いた場所はマンションの一室だった。12畳ワンルームの中央には大きなテーブルがあり、それを囲むように5台の二段ベッドが設置されて、この部屋では現在、19~27歳の男女10人が生活している。

入居3か月目になる男性が入居した経緯を話す。

「コロナで会社がつぶれて、寮を追い出されました。実家とは絶縁状態なので帰れないし、当時は所持金が3000円です。さらに消費者金融やカード会社からの借金が100万円超もあって。行くあてもなくその日暮らしをしていたら、ある日、栄養失調で倒れて病院に運ばれてしまったんです。そんなときにツイッターで『#家出』と調べていたら、ここの情報が出てきて、入居をお願いしました」

※下記リンクより、一部抜粋。続きはソースで
https://nikkan-spa.jp/1741457

続きを見る