まとめサイト様の相互RSSはこちらから

白鵬が立ち会いで土俵際まで下がった奇策に八角理事長が苦言

白鵬が立ち会いで土俵際まで下がった奇策に八角理事長が苦言

合い(たちあい)とは、相撲において、両力士が蹲踞(そんきょ)の姿勢から立ち上がって取組を開始する瞬間のことを言う。 力士同士が呼吸をあわせて「立ち合う」のが語源。審判など第三者によらず、競技者同士の合意によってはじめて競技が開始されるという意味で、対戦形式のスポーツの中ではきわめて稀有な形態である
13キロバイト (2,166 語) – 2020年11月15日 (日) 13:10
勝ちを取りに来たということでしょ

1 名無し募集中。。。 :2021/07/17(土) 19:01:28.21

日本相撲協会の八角理事長(元横綱・北勝海)は、史上最多44度の優勝を誇る横綱・白鵬(宮城野)に対し、「優勝回数の多い横綱がああいうことをしてはいけない」と苦言を呈した。
白鵬はこの日、結びの大関・正代(時津風)戦の立ち合いで、仕切り線から土俵際まで下がった“奇策”を敢行。館内が大きくどよめいた。
相手自慢の圧力を封じるように距離を取ると、左、右と張って、最後は右を差して確実に浴びせ倒した。

この日、同じく大関・照ノ富士(伊勢ケ浜)が全勝を死守。優勝争いは、復活Vを狙う横綱と3連覇で綱取りを目指す大関の2人に絞られた。
千秋楽は全勝対決が確実で、12年名古屋場所の「大関・日馬富士―横綱・白鵬」以来9年ぶりで史上6例目となる。
https://news.yahoo.co.jp/articles/c2772abfb5ad12b8f8a4f599eafaedf317fb687b

続きを読む

続きを見る