まとめサイト様の相互RSSはこちらから

福岡 小郡市妻子3人殺害事件、控訴棄却で二審も死刑判決

福岡 小郡市妻子3人殺害事件、控訴棄却で二審も死刑判決

小郡駅と小郡市内各地や甘木(現・朝倉)を結ぶ路線、小郡市北部の住宅地と筑紫野のJR原田駅・西鉄筑紫駅を結ぶ路線もあったが、すべて廃止され、西鉄バス二日市の17番系統筑紫野線(西鉄筑紫駅 – JR原田駅 – 筑紫野ニュータウン)の新津古橋バス停のみ小郡市内にある。 小郡市コミュニティバス「七夕ふれあい号」
24キロバイト (3,037 語) – 2021年8月29日 (日) 16:11
第三者の可能性はどこから

1 potato ★ :2021/09/15(水) 11:50:30.30

 福岡県小郡市で2017年、妻と子2人の計3人を殺害したとして、殺人罪に問われた元福岡県警巡査部長の中田充被告(43)=懲戒免職=の控訴審判決が15日、福岡高裁であった。辻川靖夫裁判長は、死刑を言い渡した一審福岡地裁の裁判員裁判判決を支持、弁護側の控訴を棄却した。被告側は「外部による犯行の可能性を否定できない」として無罪を主張していた。

 地裁判決は、中田被告が17年6月5日深夜から翌6日未明、妻由紀子さん=当時(38)=の首を何らかの方法で圧迫して殺害し、長男涼介さん=同(9)=と長女実優さん=同(6)=の首をひものようなもので絞めて殺害したと認定。「現職警察官が妻子3人を殺害した衝撃的な事件で、結果は誠に重大。死刑を選択することはやむを得ない」と結論付けた。

 控訴審で弁護側は地裁判決について「事実誤認がある」と改めて無罪を主張し、有罪だとしても「量刑が重すぎる」としていた。(吉田真紀)

https://news.yahoo.co.jp/articles/534d21ff64e2fa86c00ad5dd94235b88a7110e2d

続きを読む

続きを見る