まとめサイト様の相互RSSはこちらから

福岡県の歯科医院長、虫歯治療で女児死亡の裁判で無罪主張

福岡県の歯科医院長、虫歯治療で女児死亡の裁判で無罪主張

局所麻酔(きょくしょますい、英: local anesthesia)とは、意識消失を伴わずに、麻酔薬が作用している部位のみを除痛する麻酔の方法である。なお狭義の局所麻酔は、局所浸潤麻酔の事を指す。これに対して、意識消失を伴う麻酔は全身麻酔と言う。局所麻酔は、主に、侵襲性の低い手術や簡単な縫合などの
19キロバイト (2,989 語) – 2021年6月18日 (金) 20:04
麻酔って結構リスクあるんだよね

1 ダルナビルエタノール(東京都) [TW] :2021/09/27(月) 22:03:16.38

2歳の女の子が、歯科医院で麻酔を使った虫歯治療のあとに死亡した事件の初公判が9月27日に開かれ、当時の院長が無罪を主張しました。
業務上過失致死の罪に問われているのは、福岡県春日市にあった歯科医院の当時の院長、高田貴(たかた・たかし)被告(56歳)です。
起訴状などによりますと高田被告は、2017年7月、当時2歳だった山口叶愛(やまぐち・のあ)ちゃんが局所麻酔を使った虫歯の治療後に容体が急変したにもかかわらず、
救命措置を怠って死亡させたとされています。 27日の初公判で高田被告は、「叶愛さんを歯科医師として助けることができたとは思わない」と起訴内容を否認し、
無罪を主張。 弁護側も「結果を回避する可能性はなかった」と主張しました。https://news.yahoo.co.jp/articles/ba64aecbe69efa8914f599893757b962c0f3093e

続きを読む

続きを見る