まとめサイト様の相互RSSはこちらから

福島 ひき逃げ殺人で被告「刑務所なら衣食住揃う」と述べる

福島 ひき逃げ殺人で被告「刑務所なら衣食住揃う」と述べる

証言(しょうげん)とは、何らかの事柄が事実である(または事実ではない)ということを自己が証明するため、又は第三者の証明に資するために、自己が経験したこと等を述べることである。 証言を行う人物のことを証人と呼ぶ。 証人尋問の際には、証言の信頼性を確保するため、証人には原則として宣誓義務が課せられる。
1キロバイト (166 語) – 2021年3月8日 (月) 16:05

(出典 www.ohk.co.jp)
利己主義としか言いようがない

1 首都圏の虎 ★ :2021/06/08(火) 19:56:01.42 ID:vCr9qhR49.net

殺人などの罪に問われているのは、住居不定・無職の盛藤吉高被告・51歳です。

起訴状などによりますと、盛藤被告は去年5月、盗んだトラックを無免許で運転し、福島県三春町の国道で清掃活動をしていた男女2人をはねて現場から逃走し、殺害したとされています。

裁判員裁判の2日目となる8日は被告人質問が行われ、盛藤被告は刑務所を出所して2日後に起こした事件について、「刑務所を出所してからなじみの無い新たな環境で働いていくことに不安が募り、衣食住が揃う刑務所に戻るために車を使って当て逃げしようと思いついた」と犯行の動機を語りました。

また、2人をはねたことについて「1人だけをひくより、2人をひくほうが罪が重くなると思った」と述べた一方、弁護側の「今でも刑務所に長くいたいと思っているのか?」という質問に対しては、盛藤被告は「なるべく早く出たい」と答えました。

そして、被害者や遺族に対しての心境を問われると「大変申し訳ないことをしてしまった」と謝罪の言葉を述べました。

盛藤被告は7日の初公判で、「積極的に殺害するつもりはなかった」と殺意については一部否認していました。

殺意の程度や量刑が争点となっている裁判は、9日も被告人質問が行われ、今月24日に判決が言い渡されます。

https://news.yahoo.co.jp/articles/674061a4938db217aa82f235a6c6a02c4a180a9c

続きを読む

続きを見る