まとめサイト様の相互RSSはこちらから

福島 コンバインが田んぼに転落、48歳男性が下敷きになり死亡

福島 コンバインが田んぼに転落、48歳男性が下敷きになり死亡

2005年(平成17年)3月1日 – 田村郡滝根、大越、都路村、常葉町、船引の5町村が合併し、田村市が発足した。 2011年(平成23年)3月11日 – 東日本大震災が発生。震度6弱を観測。 3月12日 – 福島第一原子力発電所事故により内閣総理大臣から、都路の一部(福島第一原発から半径20km圏内)に避難指示が出される。
24キロバイト (1,627 語) – 2021年9月12日 (日) 06:44
豊作だったのかな…

1 シャチ ★ :2021/10/11(月) 02:23:27.06

10/10(日) 19:27配信 福島中央テレビ
https://news.yahoo.co.jp/articles/3da57a5737e663bcdb1a484bc29bdf004bed7927

田村市で稲刈り用の農機具がのり面に転落する事故があり、運転していた男性が死亡した。
田村警察署によると、10日午前8時ごろ、田村市常葉町で、男性が運転するコンバインが田んぼのあぜ道でのり面に転落した。
この事故で、コンバインを運転していた市内に住む会社員、赤石澤勉さん48歳が下敷きになり、病院に運ばれたが、その後死亡が確認された。
事故当時、赤石澤さんは家族2人と稲刈り作業にあたっていて、あぜ道をバックさせていた際に、コンバインがバランスを崩し、転落したと見られている。

続きを読む

続きを見る