まとめサイト様の相互RSSはこちらから

“草原の掃除屋” の異名を持つ巨大鳥 千葉県に現る!!

“草原の掃除屋” の異名を持つ巨大鳥 千葉県に現る!!

サイチョウ (犀鳥、Buceros rhinoceros) は、鳥綱サイチョウサイチョウサイチョウ属に分類される鳥類。名前の由来は頭部にある角質の鶏冠がサイの角を連想させることにあり、学名のrhinocerosもサイを意味している。別名ツノサイチョウ。 インドネシア(ジャワ島、スマトラ島、ボル
5キロバイト (610 語) – 2020年11月28日 (土) 21:33

(出典 images-na.ssl-images-amazon.com)
水曜スペシャルでやってくれないかな…

1 テチス(愛知県) [US] :2021/06/02(水) 18:03:16.17

先月31日、千葉県柏市で撮影されたのは、大きな口でカエルを丸のみする一羽の鳥。

木に止まりながら、遠くを見つめる鳥は、どこか物憂げな様子にも見えます。
一方、飛び立つ時には、猛々しい姿も見せます。
今、千葉県内で目撃談が相次ぎ、話題になっているこの鳥。その名は「ミナミジサイチョウ」。

専門家によると、この鳥は、ミナミジサイチョウという絶滅危惧種に指定されている希少なもの。
本来、主に南アフリカなどに生息しているといいますが、去年8月、その姿は、千葉県柏市の住宅街で目撃されました。

(後略)

https://www.fnn.jp/articles/-/190668

続きを読む

続きを見る