まとめサイト様の相互RSSはこちらから

藤井聡太が4冠へ王手 竜王奪取なら“あらゆる意味”で棋士のトップになる理由

藤井聡太が4冠へ王手 竜王奪取なら“あらゆる意味”で棋士のトップになる理由

藤井聡太が4冠へ王手 竜王奪取なら“あらゆる意味”で棋士のトップになる理由
藤井聡太が4冠へ王手 竜王奪取なら“あらゆる意味”で棋士のトップになる理由
 優勝賞金4320万円。将棋の竜王戦七番勝負の第3局が10月30、31日の両日、カラスなぜ鳴くの…の「七つの子」や、赤い靴履いてた女の子…の「赤い靴」などで知られる詩人、野口雨情ゆかりの老舗旅館、福島県いわき市の「雨情の宿 新つた」で行われた。

 破竹の勢いの挑戦者、藤井聡太三冠(19=王位・叡王・棋聖)が93手で豊島竜王(31)に快勝して3連勝とした。早くも、11月12、13両日に山口県宇部市で行われる第4局に勝って竜王を奪取し、史上最年少の19歳3カ月で4冠になる可能性が出てきてしまった(最年少四冠記録は羽生善治九段(51)の持つ「22歳9カ月」)。

 なにしろ藤井は昨年夏、王位戦に初挑戦しながら木村一基王位(48)を4タテにして二冠目を奪っているのだ。

 藤井は昨年まで6連敗と「天敵」と見られていた豊島に対し、今年に入って11勝3敗と圧勝し、これで通算11勝9敗となった。

【日時】2021年11月06日 06:00
【ソース】デイリー新潮
【関連掲示板】

続きを読む

続きを見る