まとめサイト様の相互RSSはこちらから

重要文化財の絵巻物がオークションに、2億4390万円で落札

重要文化財の絵巻物がオークションに、2億4390万円で落札

法然(ほうねん、長承2年(1133年) – 建暦2年(1212年))は、平安時代末期から鎌倉時代初期の日本の僧である。はじめ山門(比叡山)で天台宗の教学を学び、承安5年(1175年)、専ら阿弥陀仏の誓いを信じ「南無阿弥陀仏」と念仏を唱えれば、死後は平等に往生できるという専修念仏の教えを説き、のちに浄
42キロバイト (6,053 語) – 2021年10月2日 (土) 22:14
法的な拘束はあるのか

2 ニューノーマルの名無しさん :2021/11/20(土) 17:22:56.58

勝手に文化財に指定しただけじゃないのか?

続きを読む

続きを見る