まとめサイト様の相互RSSはこちらから

鈴木亮平 貧乏時代はレトルトカレーとハヤシライスのループ

鈴木亮平 貧乏時代はレトルトカレーとハヤシライスのループ

鈴木 亮平(すずき りょうへい、1983年3月29日 – )は、日本の俳優。兵庫県西宮市出身。ホリプロ所属。身長186cm。 西宮市立津門小学校高学年の頃、アニメを観て声優に憧れた。児童会長を務めていた小学校6年の時に、1995年1月17日の阪神・淡路大震災に遭遇する。震災後に亮平
48キロバイト (6,352 語) – 2021年10月2日 (土) 07:43
缶詰とかではないんだ

1 爆笑ゴリラ ★ :2021/10/09(土) 20:40:31.82

10/9(土) 11:14配信
SmartFLASH

Copyright (C) 2021 Kobunsha Co., Ltd. All Rights Reserved.

 鈴木亮平が、10月7日放送の『ぐるぐるナインティナイン』(日本テレビ系)で食遍歴を語った。

 小さい頃の好物はバナナで、家族のぶんまで食べようとしたが我慢。当時の夢は「バナナをお腹いっぱい食べられる人間になる」だった。給食では、ご飯を茶碗のなかで転がしてお餅のようにして食べていたという。

 高校生でアメリカ・オクラホマ州に留学。そこで「ピーカンナッツパイ」にハマり、「ファンタスティック」と感激。

 大学生になると上京し、ひとり暮らしを始めた。お金がなく、食事は特売のレトルトカレーとハヤシライスをループして食べた。当時楽しみにしていたのはバイト先のまかないだが、そこではごはんにシチューをかけて食べていたという。

 鈴木の食遍歴にSNSではさまざまな意見が寄せられた。

《バナナ、お餅つきエピソード、少年おへい可愛すぎ》
《ご飯をお餅みたいにするのとバナナは聞いたことあったけど、 ピーカンナッツパイも好きなのね》

「鈴木さんは、役柄によって体重コントロールすることで知られています。2017年1月20日放送の『あさイチ』(NHK総合)では、ドラマ『天皇の料理番』(TBS系)で20キロ減量したことを明かしました。食事の量を減らすとともに、小さなスプーンを使うことで噛む回数を稼ぎ、『満腹感が早く得られる』と話しました。

 映画『俺物語』では30キロ増量しましたが、好きな蒸しパンを大量に食べ、『カロリーも油も高いから、稼げるんです』と説明しています」(芸能ライター)

 鈴木は10月15日公開の映画『燃えよ剣』に出演。ストイックに自分を追い込んで、見事な演技を披露している。

https://news.yahoo.co.jp/articles/b56ce8d488092606b4b33d05edb82e14777d7767

続きを読む

続きを見る