まとめサイト様の相互RSSはこちらから

長崎 諏訪神社の宮司に辞職要求…セクハラ行為の疑い

長崎 諏訪神社の宮司に辞職要求…セクハラ行為の疑い

長崎くんち(ながさきくんち)、長崎くんちは、長崎長崎市の諏訪神社の祭礼である。10月7日から9日までの3日間催される。国の重要無形民俗文化財に指定されている(昭和54年指定、指定名称は「長崎くんちの奉納踊」)。 「龍踊(じゃおどり)」「鯨の潮吹き」「太鼓山(コッコデショ)」「阿蘭陀万才(おらんだ
38キロバイト (6,316 語) – 2021年9月28日 (火) 05:21
神職はどうしても清廉性が求められるからな

1 緑山タイガ(東京都) [CN] :2021/10/05(火) 21:36:16.60

長崎の秋の風物詩「長崎くんち」が行われる神社の宮司にセクハラの疑いが浮上。5日、宮司本人が私たちの取材に応じました。

380年以上続く秋の大祭「長崎くんち」で知られる長崎市の諏訪神社。70代の宮司がセクハラをした疑いがあるとして、神社の役員らが、辞職を求める意見書を提出していたことが分かりました。

セクハラの疑いが持たれている池田剛康宮司。今年8月、20代の女性に対し、顔を近づけてキスを求め女性のマスクを外そうとしたなどの疑いが持たれています。

この疑惑について池田宮司本人は5日。

諏訪神社・池田剛康宮司「全くしていないのに、こういうふうに言われるのは残念です。全く身に覚えがないこと」

疑惑を真っ向から否定しました。

神社関係者が宮司に聞き取りを行った際、宮司がセクハラ行為があったことを否定しなかったことなどから先月7日、神社の責任役員は宮司の辞職を求める意見書を提出。

役員側の弁護士「おくんちのことを考えたらこんなことしたくない。宮司からの正式な謝罪がない。それが一番大きかった」

一方、宮司側の弁護士は「加害者・被害者双方からの聞き取りが十分とは言えず公正な立場から調査を続けたい」としています。

「握手はしたがセクハラはしていない」と主張してきた池田宮司。

諏訪神社・池田剛康宮司「なんで辞任を求められなければいけないのかということを思ったですね。こういう感じで疑われて、氏子の皆さんには非常に申し訳ない」

長崎神社庁は、懲戒委員会を開くかどうかの検討会を今後開催する予定です。

https://www.news24.jp/sp/articles/2021/10/05/07951120.html

続きを読む

続きを見る