まとめサイト様の相互RSSはこちらから

長崎 「天正遣欧使節」千々石ミゲルとみられる人骨を発掘

長崎 「天正遣欧使節」千々石ミゲルとみられる人骨を発掘

千々石 ミゲル(ちぢわ ミゲル、Miguel 永禄12年(1569年)ごろ – 寛永9年12月14日(1633年1月23日)?)は、安土桃山時代から江戸時代初期の武士、キリシタン。「ミゲル」は洗礼名で本名は千々石紀員(のりかず)で棄教後は千々石清左衛門(せいざえもん)。肥前国釜蓋城主千々石
13キロバイト (1,892 語) – 2021年1月28日 (木) 13:56
真偽はいかに

1 朝一から閉店までφ ★ :2021/09/14(火) 17:55:35.29

2021/09/13 14:12

 16世紀後半の「天正遣欧使節」の1人、 千々石(ちぢわ) ミゲル(1569~1633年頃)の墓とされる長崎県諫早市の石碑周辺で発掘調査を行っている民間の調査プロジェクトチームは12日、人骨の一部を発見したと発表した。年齢や性別を調べ、ミゲルかどうかの特定を進める。

 ミゲルは、九州のキリシタン大名の名代として欧州に派遣された4人のうちの1人で、ローマ教皇に謁見した。帰国後はイエズス会(カトリック)を脱会し棄教したとされるが、理由や晩年の状況は分かっていない。

https://www.yomiuri.co.jp/culture/20210913-OYT1T50108/

続きを読む

続きを見る